B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 イベントやライブなどの警備を手がけるBONDS(ボンズ)グループさん。伊勢野社長は、なんと格闘家でもあるそうですね! 警備業を始めたきっかけを教えてください。
 
伊勢野 生活費を稼ぐため六本木のクラブやバーなど飲食店のセキュリティー業務を始めたんです。しばらくすると同じ格闘家の仲間が集まり、弊社の設立に至りました。だんだんと夜間だけでなく、昼間の警備業務も増えましてね。アイドルのコンサートなどの警備に広がっていったんです。
 
 最初に手がけた大きな仕事は、なんだったのでしょう。
 
伊勢野 海水浴場の警備ですね。ひと夏の間にのべ6万人が集まる海岸の警備を、4人のメンバーで乗り切って安全を確保しました。
 
 それはすごい! 伊勢野社長は格闘家というだけあって、とても屈強な肉体をお持ちです。お客さんも安心されるでしょうし、人の多い海水浴場や熱狂的なアイドルファンが集まるイベントでも、御社だからこそ鉄壁のセキュリティーを実現できるわけですね。
 
glay-s1top.jpg
伊勢野 ありがとうございます。私たちの仕事は、“警備業務”についてしっかりと理解すること。どんな相手でもまずは対話することが基本です。最近は元警察官や元自衛官など、様々な人材が集まるようになりました。いじめられたことで、人と話すのが苦手になった若者から連絡があり、採用したところ立ち直ることができた──という出来事もありましたね。
 
 それは嬉しいエピソードですね! 伊勢野社長が人との絆を大切にされていることが伝わってきます。
 
伊勢野 私の仕事は、若い人たちに使命感を持って働いてもらうこと。ワクワクする気持ちを大切に、次のステージへと飛躍する環境を整えることなんです。
 
 そのために、伊勢野社長が計画していることがあれば教えていただけますか。
 
伊勢野 いずれは当社専用のジムをつくり、スタッフの指導に役立てたいですね。一般の方に開放すれば護身術やフィットネスも教えられるし、やりたいことはたくさんあります。この先も、自分たちにしかできない仕事を積み重ねていきますよ。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
使命感を持って、ワクワクしながら働くことのできる環境をつくることが大切です。
伊勢野寿一
 

:: 企業情報 ::

株式会社BONDSグループ

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7 ドルミ五反田アンメゾン710

ホームページ
http://www.bonds-group.co.jp/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事