B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 「保険ぷらざ」さんは、来店型の保険ショップとして各種保険の取り扱いをされているそうですね。とても清潔感のあるキレイな空間で、入りやすいのが良いです!
 
平野(敬) ありがとうございます。地域柄、小さいお子さんを持つご夫婦も多いため、キッズスペースも設けた空間にしました。広々としているので、ゆっくりリラックスしてお話しいただけますよ。
 
タージン 心遣いが良いですね。こちらは平野社長と奥様である智子さんのお2人で経営されているとのこと。もともとお2人とも保険業界には長く携わってこられたのですか?
 
平野(智) 私は今も介護の専門職を本職としているので、時々、夫を手伝う形ですが、夫は長くこの業界に従事しているんですよ。 
 
平野(敬) 私は社会人第一歩目から保険業界にいるので、もう保険に関わって20年以上になりますね。昔はどこの保険会社も同じ商品、同じ保険料でしたが、今は金融自由化により、保険の種類が増え、選択肢が広がりました。
 
タージン これだけ種類があると、その分どれを選んだらいいのか、決めかねる方も多いかと思います。
 
glay-s1top.jpg
平野(敬) そうですね、保険というのはそもそも内容がわかりにくいので、その仕組みをきちんと理解していただけるよう、常に工夫しています。その一環として始めたのが、セミナーです。住宅展示場などでのマネーセミナーをはじめ、15年間で100回以上は講演していると思いますね。
 
タージン それはすごい! そんな保険のプロにぜひともお聞きしたいことがあります。ずばり、保険選びにおけるポイントは何でしょうか?
 
平野(敬) やはり保険の内容とそれがお一人おひとりのお客様にちゃんと合っているかですね。例えば、同じがん保険であっても、それぞれの保険に特色があります。一概にがん保険に入っているから大丈夫だとは言えないんです。
 
タージン となると、お客さんが今置かれている現状をまず把握することが非常に大切になるわけですね。