B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 一般社団法人のシカタさんは、発達障がい児を対象に放課後等デイサービス「ポテンシャル」を運営しているそうですね。
 
四方 はい。実は私の息子も発達障がい児で、妻と子育てに奔走した経験があります。その中で気付いたのは、発達障がい児は、夢中になれる得意分野を見つけてあげるのが大事ということでした。息子は自動車などの機械いじりが好きで、得意だったんです。今では整備士として立派に働いていますよ。息子のように、どんな子も必ず持っている潜在的な能力を伸ばしてあげたい。それで事業所名を「ポテンシャル」としました。
 
畑山 実際、どんな方針で子どもたちを指導しているのですか?
 
四方 普段は好きなことに取り組む子どもたちを温かく見守っています。でも、叱るべき時は厳しく叱りますね。スタッフにも「怒ることと躾をすることは違う」と伝えています。子どもたちに社会性を身につけてもらえば、将来就労した時、一人前に働くことができますからね。
 
畑山 将来の就労という明確な到達点を見据えているんだ。でも、よその子を叱るのは勇気がいりますよね。
 
四方 叱るのは他の子に手を挙げるなど、危険なことをした時です。そういう時は、言葉で根気よく諭し、納得してもらうようにしています。
 
畑山 そのためには、親御さんとのコミュニケーションも重要になりそうです。
 
四方 そうですね。親御さんからは、お子さんの情報を記載するアセスメントシートを活用し、趣味嗜好から家庭での育成環境まで、細かいヒアリングを行っています。仮に問題点やその原因が判明した場合は、協力して解消することを目標にするのです。そうやってコミュニケーションを密にしています。
 
glay-s1top.jpg
畑山 子どもに対して親が接するような温みがありますし、親御さんにも親身な対応を欠かさない。そのあたりは、この施設のアットホームな雰囲気にも影響しているんだろうなぁ。
 
四方 ありがとうございます。当施設のコンセプトは、気軽に利用していただくことなので、リラックスできる空間づくりを心がけています。おやつも無料で提供しているんですよ。障がいを持つ子だけでなく、その兄弟や、友人も歓迎します。なぜなら、たくさんの人と触れ合うことが、お子さんたちの社会性を育む大きな助けになると思うからです。
 
畑山 子ども同士の交流から社会性も育んでいると。まさに現代の寺子屋ですね。四方理事長なら、多くの子どもたちの力になれるはず。今後も頑張ってください!
 
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
親御さんと共に、子どもたちの成長を見守れることが楽しいです。そして、元気にここを巣立っていく姿を想像すると、幸せを感じます。
(四方洋幸)
 

:: 事業所情報 ::

ポテンシャル

〒560-0041 大阪府豊中市清風荘1-3-21 プレステージ清風荘1F

ホームページ
http://www.potensyaru72051798.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事