B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 オフィスビルの管理や、アパート・マンション・テラスハウスの開発から管理まで手がけられている三橋企画さん。建物の管理までされているということは、業務も多岐にわたるのでしょうね。
 
三ツ橋 はい。管理業務に関しては、建物の補修から、入居者様より寄せられる「トイレが詰まったから何とかしてほしい」、「ごみ集積所のカラスを追い払ってほしい」といったご要望の解決まで、幅広い仕事をしています。
 
水野 そういったことまで解決されているなんて、大変ですね!
 
三ツ橋 大変ではありますが、その分感謝の言葉をかけていただくことも多いので、日々の励みになっています。それから管理しているビルの前に花壇をつくり、年に何度か植え替える、ということもしていますよ。通行人の方から「いつもお花がキレイだね」と、お褒めの言葉をいただけると嬉しいんです。
 
水野 素敵な心遣いだと思います! 補修工事のほうには、三ツ橋社長も立ち会うことがあるのですか?
 
三ツ橋 職人さんが作業される際はなるべく同行して、資材の運搬など私にできることは手伝うようにしています。そうやって、それぞれの職人さんがどのような技術を持っているのかを学んできました。休日の夜間電気工事にも自ら立ち会い、作業中に現場でしか発見できない新しい補修箇所等について、方針を即決・即指示できるようにしています。
 
水野 現場を大事にされているんですね。ただ、腕の良い職人さんほど、無口で付き合いにくい、なんてイメージもありますが・・・。
 
glay-s1top.jpg
三ツ橋 確かにそうかもしれません。でも、どんなに腕の良い職人さんでも、たまには失敗することがあります。そんな時、なるべく相手のプライドを傷つけないように指摘したり、率先して仕事を手伝ったりしていると、自然と信頼関係を築くことができるんですよ。逆に私にわからないことがあったら、正直に「わかりません」と言うようにしています。
 
水野 三ツ橋社長の誠実で実直なお人柄が、きっと職人さんの心に響いているのでしょうね。今後については、どんな目標をお持ちですか?
 
三ツ橋 今後は既存のビルや住宅という社会的な資本を、上手に活用していくことが求められる時代にだんだんとなっていくと思います。管理の仕事は幅が広く、業務を広げるにはスタッフの教育など手間も時間もかかりますが、現状に甘えることなく努力を続け、発展していくつもりです!
 
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分についてきてくれるスタッフに感謝し、お客様からのご指摘もポジティブに、明日への進歩のためだと捉えること。
(三ツ橋英美)
 

:: 企業情報 ::

三橋企画株式会社

〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-4-3 三橋ビル

ホームページ
http://mitsuhashikikaku.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事