B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 アスリートやスポーツ愛好家のために、完全オーダーメイドのマウスピースを製作しているKIGマウスガードさん。小村代表も元アスリートだそうですね。
 
小村 はい、学生時代からサッカーをしていました。高校卒業後、1年間働いて旅費を貯めイングランドへ。たまたま公園で練習している私を見て、あるチームの監督が声をかけてくれましてね。そのチームに入団し、プロとして活動していました。
 
畑山 すごい行動力ですね! その後、どのようにしてマウスピースに出合われたのか気になります。
 
小村 プロチームとの力の差を実感し、22歳で日本に帰国しまして。父が歯科技工士だったこともあり、専門学校へ入学し、歯科技工士の資格を取得しました。そして、卒業後に勤めていた会社でマウスピースと出合ったんです。
 
畑山 ボクシングはマウスピースが必須のスポーツです。ただ、僕が現役の頃はあまり知識もなく既製品を使っているだけでした。小村代表がオーダーメイドのマウスピース製作に乗り出した理由を教えてください。
 
glay-s1top.jpg
小村 多種多様なスポーツの特性に適応し、しかも、その人に合ったマウスピースをつくりたい。歯の噛み合わせから体全体のバランスを整えることで軸をつくり、アスリートの持つポテンシャルを最大限に引き出すお手伝いをしたいと考えたからです。
 
畑山 なるほど。僕がマウスピースの重要性に気付いたのは、世界チャンピオンとしてリングに立った最後の数試合。自分に合ったマウスピースを使うと、パフォーマンスが上がることを実感したんです。今では多くの選手がオリジナルのマウスピースを使っていますよ。小村代表は歯科技工士という国家資格をお持ちだし、お客さんも信頼してつくってもらうことができるでしょうね。ところで小村代表は、より高度な調整をした究極のマウスピースをつくることもできるとか?
 
小村 はい。特別なオプションも用意しているので、ご希望の方は、整骨院の先生や歯科医師さんと連携し、体の歪みそのものを矯正するところから始めることも可能です。
 
畑山 まさにオンリーワンですね! 小村代表の活躍で、実力を思う存分に発揮できるアスリートが増えるのを楽しみにしています。
 
小村 ありがとうございます。私は、世界に羽ばたくアスリートを応援し続けたい。当面の目標は、2020年の東京オリンピックで日本の金メダル獲得に貢献することですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様の挫折や喜びを、自分のことのように感じる瞬間です。
(小村圭吾)
 

:: 事業所情報 ::

KIGマウスガード

〒581-0024 大阪府八尾市二俣2-297-3

ホームページ
http://kig-mouth.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事