B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 本日は弁護士法人経営創輝の共同代表を務める、田中智晴さんと松原浩晃さんにお話をうかがいます。お二人は幼い頃から弁護士を志していたんですか?
 
田中 いえ、それが全然志していませんでした(笑)。大学も経済学部ですし、4回生になるまではスポーツとかいろんなことを楽しんでいましたね。将来の仕事として弁護士を意識し始めたのは3回生の終わりで、手に職をつけたいと思ったのがきっかけです。
 
松原 私は一応法学部に進学したものの、田中と同じく、弁護士になろうとは全然考えていませんでした(笑)。ただ、周りが2回生くらいから司法試験の勉強を始めるんです。彼らの姿を見て、自分もだらだら学生生活を送るくらいだったら、難関試験を突破してみようと思ったのがきっかけです。
 
宮地 へぇー、何かイメージと違います。弁護士になる方って、幼い頃から志して勉強しているような人がほとんどだと思っていました。実は、弁護士さんってどうしても敷居が高いイメージがあったんです。でもお二人の人柄に触れて、また、お話を聞いて親しみが持てました! 今は主にどんな案件を担当されているのですか?
 
glay-s1top.jpg
共同代表を務める松原浩晃氏
松原 離婚や相続といった個人の方からの相談も少なからず受けていますが、中小企業からの相談が増えてきています。人事労務や契約書のチェック、新規事業を行うに当たってのリーガルリスクの調査などです。あと、法律問題とまではいかない、ちょっとした経営面の悩み・相談を受けることもありますよ。
 
田中 また、事業再生にも重点的に取り組んでいきたいですね。破産してしまった企業の中には、事業の取捨選択や資金繰りの再検討を適確に行っていれば、破産を回避できた企業も少なくないんです。だから当事務所では可能な限り破産を回避し、企業価値を損なうことなく企業を再生させるため、当該企業にとって最適な事業再生方法をご提案しています。事業再生に限った話ではありませんが、切羽詰った状況になる前になるべく早い段階から定期的に相談しに来ていただきたいです。虫歯でも、痛みが激しくなってから歯科に行くと、虫歯を抜くしか治療法がなくなることがありますよね。
 
宮地 前もって準備することで、様々な解決法を模索できるということですね。具体的にはどういった方に相談に来ていただきたいですか?