B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

元気を支え育む漢方薬局
処方と「食養」の助言も

 

自然治癒力を高め病気の根本原因から正す

 
glay-s1top.jpg
川﨑 先ほどの「即効性より体質改善」という話もあるように、漢方と西洋医学では考え方の基本がかなり違いますよね。西洋医学の場合は、まずどんな病気か診断してから、薬を処方する。つまり病気で患者さんを区別するのに対し、漢方では一人ひとりの体質や症状に合わせて最適の薬を選んでいるように思うんです。「漢方はオーダーメードの治療」という話も聞いたことがありますし。
 
渕上 お詳しいですね。少し補足すると、漢方の特長は、単に病気の症状を抑えるのではなく、症状の原因まで溯って治そうとするところにあります。例えば風邪の場合は冷えや疲れが原因になるので、その冷えや疲れを取り除くことで回復に導くわけです。頭痛なら、やはり冷え、さらに血流が悪くなっていることなどを改善しようとします。この他、水分のとり過ぎによる足のむくみ、体がだる重いといった不調の場合は、体内の過剰な水分の停滞を調整するんです。
 
川﨑 より根本から病気を治すという考え方ですね。
 
渕上 そうです。しかも、冷えや疲れを取り除くというのも、漢方が直接そうするのではありません。漢方の働きでその人自身の自然治癒力を高め、それによって冷えや疲れから脱するというほうが正しいですね。まさに体質改善であり、病気の予防にもなりますし、アンチエイジングの観点からも有益な発想がここにあると思います。
 
glay-s1top.jpg
「三養茶」は体内の水分を調整し、むくみの軽減に!
川﨑 最近は病院でも西洋薬と漢方薬の両方が処方されています。しかし、どういった使い分けがされているんでしょう? 漢方の考え方が自分に合うなら、なるべく西洋薬に頼りたくないという人もいると思うんですけど。
 
渕上 確かに私自身、頭痛や腰痛がある人に対して型通りに鎮痛剤を出したり、アトピーの方にステロイドを処方して効かないとどんどん薬を強くしていったり、という調剤のあり方に疑問を感じて漢方に傾いていったところはあります。でも、薬に限らず、西洋医学と東洋医学は本来、互いを排斥し合うのではなく、補い合う関係にあると思うんです。例えば、明治に入るまで漢方中心だった日本に西洋医学が浸透していったのは、漢方が結核など一部の病気に対して弱かったという背景もあります。
 
川﨑 なるほど、それぞれ得意、不得意があるわけだ。だから互いの優れたところで補えば良い、とお考えなのですね。
 
渕上 その通りです。私の考えにフィットするのは漢方ですけれど、だからといって、全ての不調が漢方だけで解決できるわけではないということですね。あと、昨今は漢方そのもののあり方も変わってきています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事