B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 木村 昌史 群馬県出身。大学在学中から大手アパレルチェーンにて働き、店長職や本部勤務をこなす。(株)オールユアーズ設立後は、社の理念「ライフ・スペック」の伝道師として、精力的に活動中。
原 康人 大阪府出身。アパレル商社に勤務後、大手アパレルチェーンに業務委託形態で参加し、商品開発を行った。2015年に(株)オールユアーズを設立。機能性を重視した洋服ブランドを積極的に展開している。
ホームページ
 
 
 
寒さから逃れるために纏うようになった衣服から、ファッションという価値観が生まれた。その価値観が、現在はひとり歩きし過ぎているのかもしれない。「使いやすさ」という性能までそぎ落とされ、洗濯にしてもタグをいちいち確認する時代である。服に合わせた暮らしから、生活に合わせて服を選ぶ暮らしにするため、「ライフ(日常)・スペック(機能)」の理念のもと、株式会社オールユアーズは今日も挑戦を続けている。
 
 
 

お客様への思いをまっすぐに届けたい

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 「DEEPER'S WEAR」というブランドを手がけるアパレル企画販売会社、オールユアーズさん。原さんと木村さんが共同で経営されているそうですね。どのように役割分担されているのですか?
 
 企画制作が私、営業的な意味合いも含め、私たちの考えをお客様にお伝えする役目を木村が務めています。
 
木村 だから、ライフ・スペック伝道師という、一風変わった役職名なんですよ(笑)。
 
 ライフ・スペックというキーワードが気になりますが、まずは、お2人の出会いからお聞かせください。
 
 私が業務委託で入った大手アパレルチェーンで、木村が働いていたんです。所属先は違えど意気投合し、2人でいろいろと商品の開発にも取り組みました。
 
木村 ただ、自分たちが企画のタネだと思ったポイントが、売り場で十分に表現できていないなど、大手ゆえのもどかしさを感じたのです。商品づくりが会社のためなのか、お客様のためなのか悩み続け、お客様に求められる商品が必要だと思い、起業しました。
 
 「お客さんのことを考えたつくり手の思いを、きちんと汲んだ商品づくりをしたい」。その願いがお2人の間で一致したんですね。オールユアーズという社名からも、お2人の思いが伝わってきますよ。