B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

チームワークで取り組む
万全のセキュリティ工事

 

周囲のため“道”をつくるのがリーダーの役割

 
glay-s1top.jpg
三浦 その働きかけは、うまくいきましたか?
 
土岐 なかなか難しかったですね。周りは私より社歴が長い人たちばかりですから、当然、反発もありました。そこで工夫したのは、私が改革を求めていると理解してくれた社員に協力してもらうこと。理解を得られない社員に、私の考えを間接的に伝えてもらうことでした。そうして少しずつ仕事のレベルを上げ、社内のチームワークを固めていったんです。
 
三浦 サッカーの世界もビジネスも、リーダーの資質でチームの成績が大きく左右されます。また、飛び抜けて力のある選手が1人いるチームより、一体感のあるチームのほうが強いこともあるんですよ。
 
土岐 おっしゃる通りですね。人は1人では生きていけないのだから、独りよがりなままではいけません。ただ、組織を引っ張る存在も必ず必要なんですよ。
 
三浦 一流選手ばかり集めても優勝できるわけではない、けれども強いリーダーは欠かせない。そのバランスは難しいところですね。土岐社長がリーダーシップを発揮しながら、同時に社内の結束を固めていった手法は、どのようなものだったのでしょう。
 
glay-s1top.jpg
土岐 人というのは、他人がいくら「変われ」と言っても簡単には変わりませんよね。言われたことを本人が受け止めて、自分の力で動き出さなければ、本当に変わったことにはならないんですよ。リーダーの役割というのは、周囲が変わるための“道”をつくってあげることではないか。そう考えて、改革に取り組みました。
 
三浦 そうした努力を積み重ねるには、大変な労力を伴います。ましてや、改革と同時に結果を出し続けるのは容易ではありません。きっと、セキュリティ工事の仕事には、苦労してでも続けたくなる魅力があるのでしょうね。
 
土岐 そうですね。私は「この仕事を辞めたい」と悩んだことは一度もないんですよ。