B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン アールシーカンパニーさんではどんな事業を手がけているんですか。
 
辻村 1つは「ぱどま」という障害児通所支援と放課後等デイサービス事業です。家庭や学校などでコミュニケーションがうまく取れず、集団生活に適応できない子どもたちが、いきいきと社会参加ができるような支援をしております。もう1つは小中学生を対象に、学校の授業についていけない子どもの学習を支援する、「ぱれっと」というサービス。「どうやって勉強すればいいのかわからない」「とにかく勉強が嫌い」という子でも、嫌々ではなく楽しく学べる環境づくりをお手伝いしているんですよ。
 
タージン なるほど。子どもたちが楽しく生活するための支援をしているんですね。こうした事業を始めたきっかけを教えていただけますか。
 
辻村 長男が小学2年生になった時に、私がPTA活動に参加するようになったのがきっかけです。1年だけのつもりだったのに、校長先生ら先生方とも信頼関係が生まれ、結局10年ぐらい続けることになりまして。毎年のように「辞める辞める」と言いながら、会長職を務めていました。
 
タージン 10年も活動されたわけだから、いろいろな苦労もあったんじゃないですか。
 
辻村 そうですね。もちろん大変な思いもしましたが、苦労を苦労と思わず、むしろ、その状況をどう楽しむのか――という技術が身についたと思います。家庭で嫌なことがあっても、PTAの活動をしていることで前向きになれることもありましたからね。そうした中で、発達障がいの子どもたちの存在を知るようになりました。そのような障がいを抱える子だけでなく、社会にうまく適応できない子ども、そしてそのご家族を助けることで、地域に貢献したい――。そう考えた結果、2015年に当社を立ち上げたんです。
 
glay-s1top.jpg
スタッフの米田智昭さん(右)
タージン 子どもにとっては家庭以外で自分を気にかけて、助けてくれる所があると勇気づけられるものです。この場所はそんな子どもたちにとって、第二の家ですね。実は私も友人と障がい者の就労支援の活動をしているんですよ。
 
辻村 そうなんですか。私も就労支援を手がけるのが今後の夢です。例えば、カフェを運営して、そこで勤務できる仕組みをつくれたらいいですよね。ゆくゆくは子どもと高齢者が共に過ごせる施設をつくれればと考えております。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事でもプライベートでも、生きているといろいろなことがあるものです。だから、「人生は楽しく生きよう!」をモットーにしています。
(辻村美智子)
 

:: 企業情報 ::

株式会社RCカンパニー

〒639-2153 奈良県葛城市太田870

ホームページ
http://www.rccompany.info

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事