B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。独立前は佐川印刷(株)に勤めていた。社会人野球部に所属し、11年間選手として活躍。その後2年間マネージャーを務める。野球部での経験から、スポーツに関わることで社会貢献がしたいと思うようになり、独立。プロ野球の球団とサッカーチームを設立した。【ホームページ
 
 
 
滋賀県草津市で、プロ野球の球団とサッカーチームの同時設立という、前代未聞の挑戦をスタートさせた株式会社滋賀ユナイテッド。2015年末に起業し、わずか数ヶ月で野球のルートインBCリーグへの準加盟が認められた。まさに、驚くべきスピードで事業を展開している真っ最中なのだ。代表取締役の鈴木信哉氏は、社会人野球の佐川印刷野球部出身。地域貢献と青少年の育成を旗印に、「三方良し」の精神で成功への道を走り続けている。
 
 
 

野球とサッカーのチームを同時に設立!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 プロ野球の球団とサッカーチームを、2016年6月現在、まさに同時進行で立ち上げつつある滋賀ユナイテッドさん。今日は僕も、お話をうかがうのを楽しみにしてきました! まず、どのようなきっかけでスポーツ事業に乗り出したのか、その経緯を教えていただけますか。
 
鈴木 私は社会人野球の佐川印刷野球部で、11年間プレーしてきたんですよ。現役引退後2年間マネージャーを務め、昨年12月に独立しました。独立した理由は、スポーツで地域に恩返しをしたかったから。また、大会社の経営者でなくても、スポーツチームを立ち上げることができるんだと証明したかったからです。
 
 野球とサッカーで並行してチームを設立するのは、日本では過去に例がないそうですね。現在の進捗状況はいかがでしょう。
 
鈴木 野球のほうは、3月23日、独立リーグのルートインBCリーグに準加盟が承認されました。現在、急ピッチで人材育成やチームづくりに取り組んでいるところです。
 
 12月に起業したばかりだというのに、ものすごく早い展開ですね!
 
鈴木 そうかもしれません。滋賀は、日本で唯一サッカーのスタジアムがない自治体です。逆に言えば、それだけ大きなビジネスチャンスがあるということ。そう考え、今回のチャレンジを決めました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事