B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。ホテル業界で社会経験を積むいっぽう、健康食品を扱う(株)マルコーの経営にも参画。映画に刺激を受けて2002年に訪れたカンボジアでの見聞から、東南アジアへの関心を強めた。現在は(株)モノマルの代表取締役として、東南アジア諸国の発展に向けた自社の美容ドリンクやサプリメントの輸出販売に尽力している。【ホームページ
 
 
 
世界の国々が一部の先進国やグローバル企業の定めたルールに縛られず、自分たちの力で、優れた製品による豊かな暮らしを享受できるように──。そんな地球規模の目標を掲げ、カンボジアなど発展途上の東南アジア諸国に向けて健康食品の流通・販売を展開する株式会社モノマルの西川巨樹代表取締役。「近所の知り合いも一国の大統領も同じ人間で上下関係などない」という透徹した哲学とビジネスの現状について語ってもらった。
 
 
 

健康食品など幅広い商品を国内外へ販売展開

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 モノマルさんは、健康食品にベビー用品、飲料から日用品に至るまで、幅広い商品の販売を手がける会社とうかがいました。国内での展開はもちろん、海外向けビジネスを行う商社としての側面も大きいそうですね。
 
西川 はい、世界の中でも今はベトナム・カンボジアなど東南アジアを視野に入れて取り組んでいます。
 
 なぜ東南アジアに注目されたのですか?
 
西川 ビジネスの市場として有望とか距離的に近いとかそういった事情ではなく、これらの国々の暮らしや文化そのものに興味を持ったからなんです。きっかけは1本の映画でした。現在のカンボジアであるクメール共和国で、活動中に若くして亡くなった日本の報道カメラマンの実体験に基づく『地雷を踏んだらサヨウナラ』を見たんですよ。その後すぐに現地を自分の目で見たくなって、2002年に初めてカンボジアへ渡りました。
 
 計算して始めたのではなく、見たい、知りたいという気持ちが先にあったと。実際に行かれてみて、どうでしたか? 
 
西川 タイから陸路でカンボジアに入って進む道中はハプニングの連続でした。バンコクから国境の街アランヤプラテートまでが鉄道で7時間、さらに映画の舞台となったアンコールワットのふもとの村までは丸1日かかりました。その分、強烈な印象が残りましたね。やはり現地に行くと情報の確認では終わらないもので、その時に私が出会った現地のコーディネーターとは今でも交流があります。彼のおかげで発展途上国の人たちと身近に接することができ、日本人の知り合いを訪ねるような感覚で付き合えるようになりました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事