B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

歯の悩みには何でも対応
低価格で高水準な歯科

 

お口に関するトラブルには何でも対応!

 
照明や内装にこだわった受付は静謐さが漂う
吉井 培ってきたものを最大限発揮しつつ、自分の理想とする医院で診療の中身をさらに充実させていくんですね。
 
河合 はい。当院の診療項目は、一般歯科はもちろん、口腔外科では病理細胞診も行います。また、最先端の再生治療によって、なるべく歯を抜かずに進められる歯周病治療にも対応できますよ。さらに、米国食品医薬品局、いわゆるFDAの認可取得済みの安全なインプラント、精密な補綴・義歯、充実した美容治療。そして、かみ合わせの治療。これらをどれも高い技術水準で提供するクリニックです。
 
吉井 すごいです。ここに来ればお口の中に関するトラブルなら、何でも相談できそう!
 
個室の診療室で、落ち着いて治療が受けられる
河合 まさにそれを実現することが、私が開業をした目的だったんです。わざわざ都心の大病院や大学病院まで行って長い待ち時間を我慢しなくても、この医院にお越しいただくことで一通りの治療が受けられる――。そんなクリニックとして患者さんのお役に立ちたいと思っています。
 
吉井 ここに来ると高度な治療が受けられるとなれば、地域住民の方々にとっては嬉しいですよね。それにしても河合院長は、どうして歯医者さんになろうと思われたんですか? お会いした時から仕事への並々ならぬ意欲が伝わってきますし、研究熱心で、今でも論文を年に数本書き続けていると聞きました。その力の源を知りたいです。
 
河合 私はもともと、外科医になるのが夢だったんです。10歳くらいからそう決めていました。ところが、大学受験で自宅近くにあった東京歯科大の推薦入試に合格したため、進路変更をするか、初志貫徹で第一志望の医学部に挑戦するかの選択を迫られたのです。その時はかなり迷いましたね。でも、歯科の中に口腔外科という分野があることを知りまして。歯科医でも、外科的なことも学べるとわかったので、歯科の道を進む決意をしたんです。
 
吉井 外科医が最初の希望だったんですね。ご自身の強みはどんなところにあると思いますか?
 
河合 繰り返しになりますけど、歯科に関するあらゆる科目の知識と技術を身に付けていることでしょうか。日本の歯医者は手先が器用で、総合的に対応できて国際的にも高く評価されています。しかし、近年は欧米式の手法が広がって、被せ物なら被せ物だけ、矯正なら矯正だけという単科の専門志向が強まってきているんです。そのため、むしろ私のような何でも対応できるタイプの歯科医は希少な存在になりつつあると思いますね。
 
吉井 患者さんの立場からすると、どんな治療をするにしても、いつも同じ先生に診てもらえるほうが安心できると思いますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事