B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

法人向けITの専門会社
ネットワーク運用に自信

 

若い世代の技術力と「人間力」の成長に期待

 
glay-s1top.jpg
 経営が好調な今こそ、人材育成に目を向ける好機なんでしょうね。北村社長からみて、新しい人材が一人前に育つために大切なことって何だと思いますか?
 
北村 自分の頭で考えるということがすごく大事です。これはどんな仕事にも当てはまるでしょうね。当社で言えば、常駐型SEは基本的に1人なので、お客様の要望に応えたり問題を解決したりするには、事前に言われたことだけをやっていたのでは務まりません。現場で必要な情報や技術が何であるかを自分で考え、不足を補っていけるかどうかが、その人の成長を左右するのではないでしょうか。
 
 確かに、子どもたちにサッカーの指導をしていても、自分で考えることを教えるのが一番難しいですね。ああしなさい、こうしなさいと全部指示したほうがこちらも楽です。しかし、それではなかなか成長につながりません。
 
北村 それに、自分で考えないと仕事は楽しくならないですよ。きっと、これもサッカーと同じですね。
 
 同感です。ちなみに、先ほどおっしゃった、会社としてバックアップするということについては、例えばどんな内容をお考えですか?
 
北村 テクニカルな部分に関しては、自分から学ぶ姿勢のある人であれば、会社の負担で学校や研修にどんどん行ってもらおうと考えています。常に新しいことを吸収しないと追いつかない仕事なので、そこのところは投資を惜しまないつもりです。
 
 若い社員にとっては励みになる言葉だと思います。
 
glay-s1top.jpg
北村 逆に言うと、会社としてできるのはそれぐらいで、あとは本人たち次第です。技術者である以上、スキルを磨くのは当然のこと。他に私からお願いしたいのは、人間力を磨いて、どこへ出ても恥ずかしくない人間になってくださいということだけですね。
 
 すごいな。技術が生命線の会社であっても、最後に問われるのは結局、人間としてのあり方なんですね。
 
北村 そこに尽きるのではないでしょうか。ITの技術者としてどれだけ優秀でも、失礼な態度をとってしまうようでは、仕事の世界で信頼されることはありません。
 
 技術力と人間力の両方がそろって、初めて一人前ということですね。では最後に、今後の抱負を。
 
北村 よく社員にも言っていることで、「仕事を通じてもっともっと幸せになること」。これを目標にがんばっていきたいです。単に金銭的なことだけではなく、ITでお客様に喜んでもらい、世の中の役に立つことだって自分たちの幸せに他なりません。特に、昔から苦楽を共にしてきたスタッフを不幸にしたくないという気持ちが強いので、新しい社員とも力を合わせて、これからも幸せを追い求めていきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
常に思考することです。頭を使わないと、楽しくないですからね。あとは前向きな姿勢が大切です。否定から入ってしまえば、何事もつまらないままで終わってしまいます。気持ちを前向きに持つことで、自分が楽しいと思える部分が見付かりますよ。
(北村誠)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 有限会社ケーズドットコム
 ■ 本社 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町3-252
 ■ 事業所 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-7-5 KSビル5F
 ■ 事業内容 コンピュータのソフトウエア開発および販売/コンピュータの周辺機器の製造・販売/インターネットを利用した各種情報提供サービス業 等
 ■ 設立 平成12年3月
 ■ 従業員数 16名
 ■ 主な取引先 NTTソフトサービス株式会社/株式会社宮川製作所/NTTラーニングシステムズ株式会社/東日本電信電話株式会社
 ■ ホームページ http://www.k--s.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事