B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。コンピュータ関連の専門学校に通った後、複数のシステム開発会社で勤務した。2000年に(有)ケーズドットコムを設立、現在に至る。主に通信会社向けのネットワーク運用システムの開発に携わり、社員のSEをクライアント企業に常駐させるスタイルで実績を重ねている。現在、事業拡大に伴いスタッフを増員している。【ホームページ
 
 
 
強力なライバルがひしめくシステム開発の世界にあって、通信会社向けのネットワーク運用システムの分野で着実な成長を続けている有限会社ケーズドットコム。北村誠代表取締役社長のモットーは、「情報技術で幸せになる」こと。それはクライアントと社会に対する約束であると共に、同社スタッフの意欲をかき立てる激励の言葉でもある。次代を担う若手の育成にも意欲的な北村社長に、これまでの歩みと今後について語ってもらった。
 
 
 

常駐型SEによる通信会社向け一貫サービス

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 御社は、法人向けにコンピュータやネットワークのシステム開発を行っているとうかがいました。つまり、クライアント企業のそれぞれの目的にかなったソフトウエアをつくっている、という理解で良いでしょうか?
 
北村 はい。ただし、つくって売ったらそれでおしまいというわけではありません。お客様のもとでシステムが導入された後も、日々の運用から保守、改善の提案に至るまで、システムのライフサイクル全般にわたってお手伝いをさせていただいています。
 
 なるほど。長く正常に動いてこそのシステムでしょうから、当然メンテナンスも欠かせないですね。一口にシステム開発といっても多岐にわたると思います。御社の得意分野はなんでしょう。
 
北村 近年はネットワークの運用システム開発が事業の中心になっていて、かなり自信のある分野です。これまでに大手通信会社のバーチャルショッピングモールやモバイル通信会社のポータルサイト、都市銀行のインターネットバンキングなどの開発を手がけてきました。
 
 そのようなシステムはきっと複雑で規模も大きいから、クライアントのニーズに細部まで応えるのは簡単ではないでしょうね。
 
北村 ええ、それを可能にするためには、お客様と連絡を密に取り合える作業環境が必要です。そこで当社では、常駐型SEによる設計・構築・運用・保守のサービスを行っています。