B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 宮城県出身。大学卒業後、金融機関に勤めるも、連日深夜に帰宅する生活が続き、家族との時間をつくるため転職。大学の研究所職員となり、人材育成を目的にした研修事業の普及活動に17年間携わる。しかし45歳の節目を前に、さらなるやりがいを求めて独立を決意。研修講師、アセッサー講師を務めるなど様々な実績から、自信や手ごたえを掴み、2015年に法人化した。【ホームページ
 
 
 
人材は「人財」という言葉に置き換えられるだけあって、企業にとっては財産そのものだ。しかし、育成がうまく行かず活かし切れていない企業もある。そうした企業の強い味方になってくれるのがワンアンドオンリー株式会社だ。「CS(顧客満足度)向上の鍵はES(従業員満足度)にある」という小指恒一代表取締役の持論から、ES調査と分析によって企業の課題を探り、解決への道筋をつけ人財育成と組織の成長をサポートしている。
 
 
 

社員たちはイキイキと仕事をしていますか?

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 小指社長は企業の人材育成をサポートする人材教育の専門家でいらっしゃるそうですね。私も事業を営んでいますので、人材育成に苦労を感じることがあります。
 
小指 城さんに限らず、あらゆる経営者、管理職の方が同様の悩みを持っておられますよ。私は管理者研修などに参加された方々に次のような問いかけをするんです。「あなたの会社の社員はイキイキと仕事をしていますか?」とね。
 
 改めてそう問われると、答えに窮する人が多いのではないでしょうか。
 
小指 その通りです。私は社員のモチベーションや、やりがいに影響を与える要素は大きく分けて2つあると思っています。1つは給与などの待遇や人事評価などの会社の制度。そしてもう1つは管理者の言動です。
 
 入社する前は管理者がどういう人かわかりませんが、実際に働いてみると、確かにとても気になりそうです。
 
小指 自分にどのような仕事を任せてくれるのか、あるいはどのようにフィードバックをしてくれるのか、管理者の部下に対する関わり方次第で、モチベーションは上りも下りもするんです。