B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
160203_k2559_g01.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 常磐線のひたち野うしく駅前で、コインランドリー「ランドリーランド」を経営する有限会社美たかさん。こちらのお店は長いのでしょうか。
 
石井 2004年6月のオープンですから、もう10年以上になりますね。この場所にはもともと私の生家があって、親が1964年から飲食店を開いていました。駅前の再開発にともない業態の見直しが必要となり、賃貸住宅の建設とともにコインランドリーに転換したというわけです。
 
石黒 石井社長にとって、思い入れのある土地なんですね。様々な業種がある中で、コインランドリーを選んだ理由はなんだったのでしょう。
 
石井 当時、この周辺は人口が増えているのに、生活を支えるための施設がほとんどありませんでした。「他県で親戚がコインランドリーを経営している」という知人が、事業を紹介してくれたので、少しでも地域に貢献できればという思いもあってオープンしたのです。
 
石黒 私の家は大家族なので、朝から晩まで洗濯機を回しっぱなしです(笑)。一度にたくさん洗えて乾燥も早いコインランドリーが近くにあると、特に子どものいる家庭は助かりますよ! そういえば、ランドリーランドさんは店内にキッズコーナーを設けてあるのも素敵だなと思いました。
 
160203_k2559_t01.jpg
石井 キッズコーナーをつくったコインランドリーは他にもありますが、当店は床に直接座れるようにしました。やはり、子どもは椅子より床で遊んだほうが楽しいでしょう? 店内で販売している洗剤や柔軟剤も、お客様のニーズを汲み取って選んだものばかり。こちらから押しつけるのではなく、お客様に必要とされるものをご提供するのがサービス業だという原点は、社員ともども共有し徹底しています。
 
石黒 お客様のニーズを知っても、しっかり対応するのは意外と難しいこと。それができる石井社長はサービス業の基本に忠実なんですね! ところで、美たかさんは2014年に不動産事業部を設立し、土地や分譲住宅の仲介もされているとお聞きしました。不動産業に参入した経緯を教えていただけますか。 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事