B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 静岡県出身。結婚を機に茨城県日立市に移り住み、「自分にできる新しいことを」とケーキづくりの修業を開始。ケーキ店勤務と東京での勉強を両立し、地元でのお菓子教室も開設する。自作のケーキを販売したい思いが募って、2010年、パティスリーましぇりをオープン。食用バラを使ったロールケーキが名物に。2015年1月、法人化により(株)UMASOを発足した。同年7月、移転し新店舗をオープン、現在に至る。【ホームページ
 
 
 
かつて女優志望だった情熱が、子どもの幼稚園で出会ったママさん劇団で再燃、子どもを喜ばせること、誰かに笑顔になってもらうことの達成感に目覚め、それがケーキ職人となった今も大きなモチベーションとなっているという、株式会社UMASOの望月京子代表取締役社長。茨城県日立市のケーキ店、パティスリーましぇりのオーナーパティシエとして精力的な活動を続けている望月社長に、地域のケーキ店としての大いなる夢をうかがった。
 
 
 

品数豊富なスイーツショップ

 
151111_k2197_g01.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 2015年7月に移転オープンしたパティスリーましぇりさん。ショーケースに、オリジナルのケーキが並んでいますね。LEDのライトに照らされたお菓子が輝いて、宝石みたい。
 
望月(京) 常に10数種類の生ケーキの他、ホールケーキを並べるよう力を入れています。この他、焼き菓子ギフトも常時20~30アイテムをそろえ、季節のイベントに合わせた展開もしているんですよ。中でも移転オープンを機に発売したくま型のマドレーヌ「くまドレーヌ」は特に人気ですね。せっかくですので、当店自慢のバラのロールケーキをお召し上がりください。
 
川村 わぁ、キレイな色使い!
 
望月(京) 季節によって変えていますが、ピンクのクリームはバラのペーストを用いたもので、紫色の部分は、ローズヒップティーと白ワインで煮た洋梨です。いかがですか?
 
川村 上品なお味でおいしいです。ケーキらしい甘さもありつつ、ほんのりとバラの香りがして、まさにバラのケーキと呼ぶにふさわしいと思います。あ、中に花びらが入ってる! うん、花びらは一番濃厚な真ん中にあるのが正解ですね。食べ進めて、いよいよクライマックスという感じがします(笑)。
 
151111_k2197_ex01.jpg
2015 年7月に移転オープンしたばかりの新店舗がこちら
151111_k2197_ex02.jpg
新商品「くまドレーヌ」は、キュートな見た目でギフトにも人気