B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。両親が経営する(株)タミヤに入社し、オートバイの販売や買い取りに7年間携わる。その後、「バイクコンビニ倶楽部」のFC展開のためにFC本部のある運営会社に出向。3年後、家業を離れてコンサルティング会社や広告代理店などで働き、この頃から映像制作を開始する。2008年には映像制作会社(株)リレイションを設立し、PVや、ライブ映像、ドキュメンタリー映画などの作品を手がけるいっぽう、家業にも復職。2015年2月に(株)タミヤの取締役社長に就任した。【ホームページ
 
 
 
HONDA、KAWASAKI、SUZUKI、YAMAHAといった国産メーカーからハーレーなどの輸入車まで、様々なバイクを扱う「LUCKY WING」。根強い人気を誇る旧車の在庫が豊富で、徹底した整備・リペイントによりハイクオリティなバイクを販売している。同店を運営する株式会社タミヤの田宮清孝取締役社長は、両親の会社を継いで経営者となった二代目。社内のシステム化を進めるいっぽうで、映像制作会社も経営し、優れた作品を創出。そのひとつは国際映画祭にもノミネートされているほどだ。
 
 
 

ハイクオリティな旧車を販売

 
150722_k2310_g01.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 ラッキーウィングさんの店内にはクラシカルなバイクがたくさんありますね。私は大型二輪の免許を持っているので、こんなにたくさんの旧車を見ると心が躍ります!
 
田宮 水野さんがおっしゃる通り、当店の特長は旧車を多く扱っていることでして。オークションで仕入れたものをそのまま売るのではなく、一度エンジンをおろし、フレームや外装をリペイントしているんですよ。
 
水野 手が込んでいますね! その分、20年くらい前の型式なのに、新車みたいにぴかぴかに輝いていて、乗ってみたくなります!
 
田宮 バイクは趣味の乗り物ですから、外観はとても大切です。もちろん、見た目だけではなく安全性にも徹底的に配慮しており、高い技術を持った整備士が細かなところまでメンテナンスをしてハイクオリティなものを販売しているんですよ。
 
水野 でも、古いバイクだと、メーカーが部品の供給を止めてしまったものもあるのでは?
 
田宮 実はスタッフの中に、整備の技術だけでなく部品調達に長けた者もいましてね。ですから、海外のサイトなどをくまなくチェックし、希少なパーツなども調達できるんです。
 
水野 すごい! 情報収集も技ですからね。安全に、安心して乗れるように整備してくれているから、旧車に乗る楽しみを存分に味わえそう!