B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 神奈川県出身。ゆくゆくは起業したいという夢に向け、20歳の時に飛び込み営業の仕事に就く。半年でトップセールスマンになり、その後も順調に業績を伸ばした。それに伴い派手な生活をするようになるが、会社が倒産。どん底を味わいながらも、見事起死回生、転職する先々でトップの成績を収めた。起業のために通ったインターネットビジネススクールでの経験から、現在のスクール事業に乗り出す。【ホームページ
 
 
 
インターネットを使ったビジネスで、月収50万、100万を実現して生き方を変革する! そのためのノウハウを指南してくれるのが、ハイパーマーケティングホールディングス株式会社だ。代表取締役社長の加藤行俊氏は、自己破産寸前という危機からインターネットビジネスで立ち直った成功の体現者。独自の担当講師制度と「必ず稼ぐ」というマインドを重視する同社の指導法は、次々に人生の勝者を生み出していた!
 
 
 

インターネットで月50万稼ぐノウハウを伝授

 
150701_k2250_g01.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 ハイパーマーケティングホールディングスさんはビジネススクール事業を手がけていらっしゃるそうですね。どういった内容のスクールなのでしょう。
 
加藤 インターネットを使って稼ぐ方法を、インターネットで24時間いつでも勉強できるビジネススクールです。現在は、個人輸出ビジネスのスクール「エキスポ!」や「在宅中国貿易ビジネススクール」、「アパレルビジネスカレッジ」の3つのビジネスモデルに加え、新たに株式投資や通販ビジネスのスクールも展開しています。
 
三浦 インターネットで学ぶインターネットを使った稼ぎ方、というわけですね! 具体的には、どのようなノウハウを教えてもらえるのか、気になります。
 
加藤 例えば、中国から文房具を安く仕入れてAmazonやオークションで売ったり、日本製の中古カメラを海外に販売したりすると、利益を出せますね。その際、商品によって当たり外れがあるので、失敗しない仕入れをするリサーチの仕方から詳しくお教えします。また、販売サイトに商品説明を入力したり、商品の発送をしたりするのは手間ですよね。当社はこれらを自動化し、オーナーさんは入金管理だけすればいい物流代行システムも構築しているんですよ。