B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。大学では教育学を専攻し、「人間の成長」について学ぶ。就職後は営業職を経て人事担当として5年、その後転職した大手外資系企業でも人事・人材育成・組織開発の担当として20年経験を積んだ。2015年、これまでの経験に加え「人と人との関係性の改善」に着目した仕事を進めるべく、中小企業に人材育成・組織開発のサービスを提供するBOSS & Partnersを設立。【ホームページ
 
 
 
企業の人事や人材・組織づくりを担うセクションで長年活躍し、その豊富な経験を武器に中小企業の人材開発・組織開発をサポートしている、株式会社BOSS & Partnersの福島伸代表取締役。従来の方法論に飽き足りず、同じ職場で働く人と人との「関係性」の改善に着目し、新たな可能性を切り開こうとしている。そんな福島社長に、より良い組織をつくるための条件をうかがった。
 
 
 

中小企業の人材育成、組織開発をサポート

 
150325_k2175_g01.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 BOSS & Partnersさんは中小企業を対象に、人材育成と組織開発に関わるサービスを提供しているそうですね。人材や組織のことを社外の専門家にサポートしてもらう意義ってどんなところにあるのでしょう?
 
福島 中小企業は大企業と違って、人事とか人材開発などの部署がなかったり、専任の担当者がいなかったりする場合が多いので、そうした部分を我々のようなサービス機関が補うのです。もちろん、不足を埋める以上の価値がないといけませんから、そこがアピールのしどころになりますね。
 
三浦 例えば、どんなサービスを受けられるんですか?
 
福島 現状、3つの柱を立てています。まず、さっき触れたような中小企業の実情を踏まえ、社外人事担当として人材育成やコミュニケーションの活性化をお手伝いする「アドバイザリー」。さらに、社員への意識調査を実施し、それに基づいて組織の課題を洗い出し、改善策の提案から実行までを担う「サーベイ&デヴェロップメント」。そして「オープンワークショップ」として、組織で働く人たちの関係性をよりよくするためのプログラムも実施しています。