B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。バイクが趣味で、スタントマンを務めたことも。結婚後、夫と共に動物病院を切り盛りする。海外で仕事をしたいという夢を持ち、仕事をしながら英語専門学校に通い卒業後、カナダのトリミングスクールに留学。帰国後、同校からの提携依頼を受け会社を設立、夢を形にする。トリミングサロンとスクールを開設し、女性の海外進出を支援。講演会、女性の自立支援の勉強会、マレーシアにスクールを設立するなど精力的に活動する他、2011年にはアート部門を設立した。現在も様々な役職を兼任する傍ら、様々な国を飛び回っている。【ホームページ
 
 
 
女性の夢を叶え、女性が世界中で輝くための自立支援を展開しているのが株式会社KYOだ。代表取締役の山田泉氏は、動物病院の院長の妻として経営を支えながら、自ら海外留学でトリマーの資格を取得し自分の人生を開拓してきた。そうした経験から、若い人にも自分の後に続いてほしいと願っている。講演活動や新たに絵画のプロデュースなど、多彩な広がりを見せる山田社長の事業。それは女性たちに「一歩前へ出て輝いて!」と語るメッセージでもあるのだ。
 
 
 

動物病院に嫁いだのが全ての始まり

 
140806_k1852_g01.jpg
インタビュアー 町亞聖(フリーアナウンサー)
 山田社長は海外のトリミングスクールへの留学支援の他、女性の自立支援の勉強会や講演会、若いアーティスト支援など、多彩な活動をしているそうですね。動物病院の院長さんとご結婚されたのが転機と聞いています。
 
山田 夫は私の愛犬の主治医でした。ご縁あって結婚し、看護師として病院を手伝いました。その一環でトリマーとしても活動していたんですよ。動物は大好きでしたが、それが職業になるとは思いませんでした。
 
 人の縁ってどこで結びつくかわからないですね。お子様が3人いるそうですが、子育てをしながら働くのはいかがでしたか?
 
山田 大変なこともありましたが、成長させてもらいました。子供たちと小さな時からいろんなことを共有してきたんです。初めて渡米した時も子供を3人連れてレンタカーでアメリカを放浪しました。もちろん、夫がそんな無謀を許す訳ありませんから、内緒で旅立ってしまったのですが・・・。
 
 すごい行動力! 英語に自信がなければ、なかなかできなそうな旅ですね。
 
山田 当時は全く話せなかったです。珍道中でしたね。でもその時に海外と繋がる仕事がしたいという夢を持ち始め、その機会をうかがっていました。40歳を迎えた節目にこれまた夫に内緒で英語の専門学校を受験し、さっさと入学手続きを済ませて通い始めたんです。