B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 栃木県出身。餃子の街、宇都宮市で幼少の頃から餃子に慣れ親しんで育つ。大学卒業後は幹部候補生としてパチンコ店に入社する。しかし、飲食業界にも興味を覚え大手牛丼チェーン店に転職。いずれは自分の店を持ちたいという想いを持ちながら、経験を積んだ。2014年2月、中学時代からの友人である飯田敏朗氏と共に、(株)でんでんを立ち上げ、餃子専門店「餃子の宮 でんでん」をオープンさせた。【ホームページ
 
 
 
「餃子の宮でんでん」。その屋号の由来は、熊田雅好代表取締役と共同経営者の飯田敏朗氏の名字にある「田」、そして「食は田んぼから」の意味をかけたことにある。化学調味料、食品添加物を一切使わず、素材にとことんこだわった餃子を提供。黒にんにくを加えれば、栄養効果はさらにアップするという。「餃子は体に優しい健康食品」と語る熊田社長と飯田氏に、餃子に懸ける想いをうかがった。
 
 
 

女性を中心に人気が拡大中!

 
140716_k1825_g01.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 餃子専門店「餃子の宮 でんでん」さんにお邪魔しています。この餃子、肉汁がたっぷりだし野菜の甘みも感じられて、本当においしいです!
 
熊田 ありがとうございます。こちらは6個260円で販売しておりまして、店内でのご飲食だけでなく、テイクアウトもできるようにしているんですよ。おかげさまで2014年2月のオープン以来、女性のお客様を中心に、リピーターの方々がどんどん増えております。主婦の方が夕食のおかずとしてまとめて買ってくださることも多いですよ。
 
宮地 これだけおいしいんだから、リピーターさんが増えているのもわかります!でも、男性だけでなく女性にも人気が高いのは、何か秘密がありそうですね。
 
熊田 体に優しい健康餃子を提供していることが、女性のお客様からご支持をいただけている理由だと思います。実は当店の餃子は、化学調味料を一切使っていないんですよ。と言うのも、現在、私たちの暮らしの中には様々な化学物質が入りこんでいて、その証拠にアトピー、花粉症、喘息などに苦しむ方が昔より増えています。そういう中で、化学調味料が人体に何らかの悪影響を及ぼしている可能性は否定できないと思うんです。