B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 千葉県出身。父は高校教師、母は中学教師という家庭に育つも、歯科医療の世界を志し、昭和大学歯学部へ進学。卒業後は千葉県鴨川市の総合病院に勤務し、三年間のうちに一般歯科領域のみならず、救急医療や口腔外科領域を含め幅広い傷病例を経験した。その後、郷里近くの歯科医院に移り、勤務医としてさらに経験を積み、2011年9月、念願の開業を果たした。
 
 
 
近年、若手歯科医を中心として、これまでと異なるホスピタリティ重視の歯科医療が実践されるようになっている。千葉県茂原市に開業した 「たなか歯科医院」 でも、「痛い」 「怖い」 といった従来の歯科医院のイメージを払拭するために患者に充分な説明を行い、最新の設備を整えるなど様々な工夫を盛り込んでいる。田中智久院長を訪ね、歯科医療の新たな潮流と、医療を通じた地域貢献にかける思いについて聞いた。
 
 
 

居心地の良い歯科医院を目指し
設備や空間の細部にまでこだわった

 
111207_k0633_g01.jpg
インタビュアー 五十嵐めぐみ(女優)
五十嵐 あまりに先生がお若くてビックリしました。こちらの「たなか歯科医院」はとても居心地が良くて、一昔前の歯科医院とはイメージが大きく違いますね。
 
田中 ありがとうございます。とにかく患者さんの不安を少しでも解消できる空間にしたくて、様々な工夫を凝らしました。内装や診察台にピンクやオレンジといった柔らかな色を使い、天井を高くして、窓も大きくとって明るくしたんですよ。お年寄りの患者さんなんかは診察が終わってもよくのんびりしていかれますね(笑)。
 
五十嵐 いいですね~。待合室の奥にはキッズルームも用意されていましたよね。
 
田中 お子さんの来院も多いですから。キッズルームにはWebカメラを設置して、お母様がテレビ画面でお子さんの様子を見られるようにしてありますよ。
 
五十嵐 すごい! 子どもを持つ親でも安心して診察を受けることができますね。
 
田中 診察台のモニターでは、レントゲン画像も撮影して10秒後には見られます。皆さん、普段はなかなかご自分のお口の中の状態を見る機会はないでしょうから、歯の裏の汚れなどお見せすると、翌日から歯の磨き方が変わられますね。
 
111207_k0633_ex01.jpg
最新のモニター設備により、患者も歯の状態をビジュアルで確認
111207_k0633_ex02.jpg
待合室のキッズスペース。歯科医療は幼児期からの予防も大切だ
 
 
 

 


アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事