B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 奈良県出身。高校時代の地理の授業がきっかけで海外旅行好きの心に火がつき、大学在学中はアジア各地を回る。大学卒業後は秘境を専門とする旅行会社に就職、10年の経験を積んで海外旅行業のプロとしての実力を身に付けた。2010年1月、元同僚らと共に独立。ブータン・インド・ネパール方面への旅を主に提供しつつ、様々な商品展開に挑戦中。特にブータン旅行には他のどの旅行会社にも負けない絶対的な実力を自負する。
 
 
 
2010年1月に設立されたばかりのGNHトラベル&サービス(株式会社グローバルネイションホリデイズトラベルアンドサービス)。欧米ではなく、ブータンやインド、ネパールをはじめとしたアジア方面への旅を主に手掛ける旅行会社だ。代表取締役社長の山名訓氏は、大学時代からの筋金入りの旅行好き。人と人との触れ合いを大切に、大手にはできないきめ細かいケアで、海外旅行の新しい魅力を提供している。
 
 
 

戦前の日本のような
ブータンの魅力

 
100616_k0184_g01.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 本日はよろしくお願いします。GNHトラベル&サービスさんは、今年2010年の1月に設立されたばかりの旅行会社だそうですね。どのような商品を取り扱っているのでしょうか。
 
山名 旅行会社としてはちょっと変わっているのですが、アメリカとヨーロッパ以外の国、中でもブータン、インド、ネパールへの旅を主に取り扱っています。スタッフ3名とも、これらの国へのご案内ではどの旅行会社にも負けない実力と経験を持っています。
 社名のGNHというのも、ブータンが国民の幸福度を示す尺度にしている 「Gross National Happiness(グロス ナショナル ハピネス/国民総幸福度)」 の頭文字から取ったものなのです。ブータンは金銭的・物質的豊かさよりも精神的豊かさを追求している国で、実に国民の9割が幸福を感じながら暮らしていると言われています。
 
名高 素晴らしいな。ブータンの魅力について、もっと教えてください。
100616_k0184_ex01.jpg

GNHトラベル&サービスの社名は
 「国民総幸福度」の英名の頭文字が由来。

山名 たとえて言えば戦前の日本のような国ですね。産業は農業が中心。何も無いといえば何も無い国です。あるのは山と川と田んぼで、豊かな自然の中で、輝く目の人たちが、自国の文化をきちんと守りながら暮らしています。生きて生活していること自体が幸せだと考える人ばかりで、今の日本人が無くしてしまった温もりやホスピタリティが残っています。
 
 
 
 

 


アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事