B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

16タイプカラー診断で 自分軸の服を見つける!
Precious wing 代表 溝井則子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 京都市山科区でパーソナルカラー診断を手がけるPrecious wing(プレシャス ウィング)さん。ファッション、インテリアなど多彩な分野で躍進する溝井代表の歩みを教えてください。
 
溝井 私は子どもの頃から色が大好きで、さまざまな色で自分の部屋をコーディネートしたり、友だちの服をアドバイスしたりしていたんです。社会人になってからはアパレル販売や飲食店の経営などを経験した後、塗料を扱う会社に勤務し、結婚をきっかけに退職しました。しかし、色に関わる仕事がしたいと思い、資格を取得しインテリアコーディネーターとして起業したんです。そして、お客様から「洋服もスタイリングしてほしい」というご要望をいただくようになり、パーソナルカラー診断も手がけるようになりました。
 
水野 今はセルフカラー診断ができるインターネットのサイトもたくさんあるものの、自分が好きな色に引っ張られてしまうんですよね。
 
溝井 そうですね。ネットで調べてもしっくりこない、想像もしていなかった色で新しい自分と出会いたいというお客様が多いんです。そこで、私は第三者の目線でお客様を診断し、潜在的な魅力を引き出すサポートをしています。
 
水野 プロの目線からアドバイスをもらえたらお客さんも安心ですね。ちなみに、屋号にはどのような意味があるのでしょう?
 
溝井 創業時は「Precious」だけでした。しかし、私を支えてくださるお客様や仕事に理解を示してくれる夫など大勢の方と一緒に翼を広げ、忙しい毎日の中で羽を休めることができるサロンになりたいという意味で「wing」を付けたんです。
 
水野 とても素敵な思いが込められているのですね。それでは、溝井代表ならではのカラー診断についてお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
16タイプパーソナルカラー診断を受ける水野さん
溝井 パーソナルカラー診断は、自分に似合う色をイエローベース、ブルーベースと春夏秋冬の4シーズンで判断する方法が主流です。でも、これだけでは正確な診断が難しいんですよ。そこで、私は16タイプパーソナルカラー診断を学びました。従来のカラー診断より細分化した16タイプパーソナルカラー診断は、その方の肌や髪、目など生まれながらに持っている色と調和するカラーを明確に見つけられるメソッドなんですよ。ぜひ、水野さんにも体験していただきたいです!
 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事