B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人と人を結びつける旅を!
生活までサポートする旅行会社

 
 
glay-s1top.jpg
海老沼 私は、「行きたいな」と感じたら現地をこの目で見てみたいとすぐ出かけるくらい旅行が好きなんですよ。『ティファニーで朝食を』の映画をみたら、NYの5番街へ行き、うどんの映画を観たら本場の讃岐うどんが食べたくて、車を飛ばして四国まで行っちゃいました(笑)。これまでに訪れた地は沖縄、北海道、韓国、香港、台湾、中国、インドネシア、タイなどキリがありません(笑)。
 
吉井 その情熱が宇都宮トラベルさんの根底にあるようですね。
 
海老沼 はい、旅行の醍醐味は知らない土地を訪れて見聞を広めるところにあります。ま
た、私は沖縄が大好きで、仕事とプライベート合わせて100回以上行っており、旅行で出会った地元の人たちと「また来たよ」と再会することが楽しみの一つなんですよ。これまでに私が旅行先で出会った素晴らしい方々とお客様をつなげたい。これが弊社で旅行業を始めた原点なんです。
 
吉井 スケジュールをきっちりと決めて観光地を回るパックツアーとは、まったく異なる
コンセプトですね。
 
海老沼 不特定多数の方にアプローチしないところが大きく異なりますね。私たちは旅行が好きなグループや同じ趣味をもつサークルの会員様から依頼を受けて旅行を企画します。また、弊社も旅行サークルを運営しています。LINE、Facebook、Instagramから気軽にどなたでも加入できますのでぜひご参加ください。
 
吉井 旅行サークルに加入すると新しいお友だちも増えるでしょうし、旅行先をみんなで話し合い相談しながら決めてつくってもらう旅行って楽しそうですね。
 
glay-s1top.jpg
海老沼 旅行は、健康と時間だけでなく、お金も必要ですよね(笑)。旅行だけの関係で終わりではなく、お客様とグループをつくってスマホアプリの「歩いて稼げるゲーム」を一緒にやったり、お金の勉強会を開いたり、家計節約のために格安SIMや格安ケータイへの買い替えの相談に乗ったりして、お客様の生活もサポートしています。
 
吉井 温かい旅のプロフェッショナル・海老沼社長のご活躍を私も楽しみにしています!
 
海老沼 ありがとうございます。関東エリアの日帰りバスツアーに加えて、沖縄本島、石垣島・宮古島などの八重山諸島、台湾、タイ、スリランカなどに友人が多くいるのでぜひご案内したいですね。SNSでの旅行コミュニティのお客様は全国にいるので、他社がしてない、「現地集合・現地解散の旅」など弊社独自の企画もチャレンジしていきます。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「ありがとう」「助かった」などの感謝を集めたいです。売り上げや成績は感謝の集合体だと思っています。若い時は仕事も人間関係も嫌で、つらいし会社に行きたくないこともあるでしょうが、意義を見いだせれば、少しは前向きになれますよ。仕事で悩んでいる若い方はご連絡ください。うつ病3回の経験をお伝えします(笑)。
(海老沼和也)
 

:: 企業情報 ::

宇都宮トラベル株式会社/株式会社歩人

〒321-0214 栃木県下都賀郡壬生町壬生甲3691-5

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事