B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

多様な受注で邁進する
匠が手がける足場工事

 

稼げる仕事で、ものづくりの喜びも

 
glay-s1top.jpg
狩野 安全で使いやすく美しい足場づくりを徹底している、翔陽さんのこだわりには感心してしまいました。仕事のやりがいや魅力についてはどうお考えですか?
 
川本 稼げる仕事であるという点はアピールしたいですね。私の社長としての役目は、スタッフに真面目に一生懸命に働いてもらい、質の高い仕事の対価として、より高い給与を支払うことでもあります。人材不足の業界ではあるものの、弊社は見合った対価を支払う方針で運営しているのを、多くの方に知ってほしいです。
 
狩野 生活や家族のために、より稼げる仕事に就くというのも道理があると思います。職種の選択肢の一つとして、足場工事の職人は、稼げる仕事として魅力的でもあるということですね。
 
川本 そうなんです。私は車整備の仕事から転職してこの業界に入り、仕事が楽しかったからこれまでやってこられました。その喜びの一つはものづくりという点です。足場工事は何もない場所にどう構築するのか、頭の中で空想するんです。そのイメージを考えながらつくるのが楽しいんですよね。自分のイメージにどれだけ近付けられるか、それぞれ職人の個性も出てきて、ものづくりの喜びと醍醐味を感じてもらえると思います。
 
狩野 ものづくりの喜びは多くの人が共感できる魅力ですね! 先ほど人材不足の業界というお言葉もありましたが、募集はしているのですか?
 
glay-s1top.jpg
川本 はい。弊社は現在9人体制です。業務拡大を見据え、募集は常に行っています。やる気があれば未経験でも一から丁寧に指導していき、一人前の職人になるまで大切に育てます。また、仕事で必要な資格は弊社が費用も含めてサポートしていくので、手に職を付けたい人も気軽にお問い合わせいただけると嬉しいです。
 
狩野 これまでお話をうかがってきて川本社長の優しいお人柄や、翔陽さんの風通しの良い社風を感じられたので、ぜひ多くの人に門を叩いてもらいたいですね。
 
川本 狩野さんにそう言ってもらえると嬉しいです! 私は現場を離れて社長業に専念していまして、次の後継者も決めてあります。仕事と経営を両立できるようになるよう伝えていて、このバトンタッチを可能な限りスムーズかつ効果的に行いたいですね。
 
狩野 後継者さんの成長も楽しみじゃないですか! 大きい工事はやり応えもあるでしょうから、若い人も集まってくる可能性はあると思います。今後もチャレンジを続けて、川本イズムを次世代へつなげていってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私にとってこの仕事は、新しいものをつくり出すことが魅力です。まずは興味を持って仕事に取り組むことが大切ですね。そうしてよりうまくできるよう目標を持つと、自然と楽しめると思います。
(川本洋一)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社翔陽
■ 本社 〒624-0813 京都府舞鶴市字今田722-4
■ 事業内容 足場工事/鉄骨工事/鍛冶工 その他
■ ホームページ http://www.k-syoyo.com/