B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

オーダークラブと助言で シニアゴルファーを導く
有限会社スリービット 代表 市村勝美

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 千葉真子(陸上指導者)
千葉 有限会社スリービットさんが運営するゴルフ工房さんにお邪魔しています。室内ゴルフ練習場やオリジナルマシンを設置したトレーニング施設まで整備されており、ゴルフ好きには最高の空間ですね。さっそく、開業のきっかけから教えてください。
 
市村 もともと運動理論やコーチングに関心があり、20代でボクシングトレーナーの資格も取得していました。また、49歳の頃に大病を患い、「これからの人生は培った技術や知見を皆さんのために生かしたい」との思いが強くなったんです。そこで、アマチュアゴルファー用のクラブ製作を含めたゴルフの指導者の場として工房をスタートさせました。
 
千葉 当時、ゴルフスクールは数えるほどだったのではないですか。
 
市村 スクール自体はありました。ただ専門的かつ短期間に上達できるような知識を伝えることのできる場所はなく、今でも「1年間通っても全然変わらない」とおっしゃる方が少なくありません。当工房では一人ひとりの特性を判断し、クラブの調整によって打ちやすいスイングフォームをサポートする指導を実践しています。
 
千葉 無理にフォームを変えるということではないのですね。
 
市村 ええ。人には生まれ持った骨格があり、自ずとスイングフォームも決まってきます。しかし強打するとどうしても球が曲がってしまうため、軽く打っているという方は多いです。当工房では力強く振っても曲がらないようなシャフト・ヘッド調整を可能とするノウハウに自信があります。ですから年齢にかかわらず、10分で結果・スコアを変えることが可能です。
 
千葉 そんなに早く! フォームを変えずにスコアを改善できるのは嬉しいですね。
 
glay-s1top.jpg
市村 私は、一人ひとりのフォームのクセに合わせたシャフトを、オーダーメイドでつくっています。「年齢なんて関係ない!」をモットーに、体格や体力、体の動かし方に合わせ、細やかなセッティング、クラブ微調整も行います。老若男女問わず多くの方に来ていただいており、中には、83歳の方もいらっしゃいますよ。力強いストレートボールが打てるようになり、200ヤード“ぶっ放す”までに成長されました(笑)。
 
千葉 年齢とともに体力・気力は衰え、ゴルフをはじめさまざまなことに対してチャレンジする気持ちがなくなってしまう人も多いと思います。市村代表は、そんな方にも再び情熱を与えるコーチだと感じましたよ。これからも頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様一人ひとりが、それぞれに成長されていく姿を見ることです。それが喜びであり、やりがいでもあります。
(市村勝美)
 

:: 企業情報 ::

有限会社スリービット

〒270-2204 千葉県松戸市六実1-52-2

ホームページ
https://three-bit.jp