B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一点ずつ感謝を込めて
オーダーメイド金物製作

 

顧客に寄り添い全国から請け負う

 
glay-s1top.jpg
タージン オーダーメイドでお客さんのニーズに沿った製品を提供している一方で、時代の流れから既製品の大量生産が多くなっていると思います。こういった変化はどうお考えですか?
 
吉村 確かにこの業界もネット販売の会社が多くなっていて、オーダーメイド受注は少なくなっています。ただ、売るほうも買うほうも、お互いに顔が見える環境というのが望ましいというのが持論です。
 
タージン 同感です。ネット販売だけだと相手がわかりませんし、それは吉村代表のスタイルとは大きく違いそうです。
 
吉村 ええ、ヒデックスメタルは、お客様と職人さんをつなぐ仲介会社的な役割を果たしてきました。これまで長きにわたり一緒にやってきた金物職人の匠たちと、二人三脚でやっております。
 
タージン お客さんの要望に応えるには丁寧なヒアリングが不可欠でしょうね。吉村代表のコミュニケーション能力の高さがあるからこそ、職人さんたちとの連携もうまくいくのだと思いますね。製作依頼の流れはどのような順序ですか?
 
吉村 電話かメールでお問い合わせをいただき、ヒアリング内容から正式なお見積りをご提示し、お客様に納得をいただけたら契約して製作へと進みます。
 
タージン 依頼は全国どこからでも大丈夫ですか?
 
吉村 はい。離島を嫌がる会社も多いらしいですが、日本全国どこからでも請け負います。
 
タージン 機動力を活かした顧客ファーストな姿勢が素晴らしいです!
 
glay-s1top.jpg
吉村 打ち合わせが必要なときは、離島でもどこへでも向かいますよ。お客様と実際にお会いして内容を詰めていかないと、行き違いが出てしまうケースもありますからね。
 
タージン 商品を売れば良いだけではないってことですね。打ち合わせを通して相手も見えてきます。約40年の技術と経験で培った、業界の常識や固定観念にとらわれない「ヒデックスメタルスタイル」に感動しています。