B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一点ずつ感謝を込めて
オーダーメイド金物製作

 

オーダーメイド製作と既製金物販売の二刀流

 
glay-s1top.jpg
タージン 金物製作は、一般建築からオフィス・店舗に使用するものまで多様な種類がありそうです。詳しくお話をうかがう前に、まずはヒデックスメタルさんの事業内容から教えてください。
 
吉村 事業の主軸はオーダーメイドの金物製作で、お客様のご要望に沿ってステンレス・鉄・真鍮などの金属製品やアクリル製品をつくっております。規格品では対応しきれない金物を製作しますよ。お客様は建築会社や宿泊施設、家具店に飲食店など、多種多様な業者様がいらっしゃいます。
 
タージン お仕事的にものづくりの喜びがある一方、完成度の高い製品をしっかり提供していかないと、お客さんが付いてくれなさそうですよね。
 
吉村 おっしゃる通りですね。モットーは「一点ずつ、感謝を込めて」です。オーダーメイドの特注製品は、世の中に一つだけのものづくりですから、正面・横・斜めと、あらゆる角度から製品を考え抜き、お客様に満足し、喜んでいただくために最善を尽くしています。
 
タージン 吉村代表のお仕事へのこだわりを感じます。ほかの事業内容にはどういったものがありますか?
 
吉村 既製金物の販売です。各金物メーカー商品の販売はこれまで数万種類を取り扱ってきました。お客様がご希望するメーカー様の品名と品番がわかれば、スムーズな対応が可能です。ご不明の場合は、一緒に製品を探しながら進めてまいります。
 
タージン 数万種類とはさすがですね! オーダーメイドも既製品も、具体的にはどんなものをつくっているのですか?
 
glay-s1top.jpg
吉村 フロントサッシ、ハンガーやケース関連、ミラー枠や看板など多種多様です。それから建築金物として、ステンレスシンクや角パイプなどの部材も販売しております。さらに他業務としては、各種金物の表面処理仕上げも行っていて、お客様のご要望に沿った調色をして焼付塗装に対応しています。ホームページに詳細を載せていますので、ぜひご覧ください。
 
タージン ヒデックスメタルさんの場合は、既製品すらオーダーメイド感が漂っている印象です。世の中に一つという特別感は、お客さんにとっては嬉しい限りでしょうね。