B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

選べるダブル脱毛も自慢 男女が通える美容サロン
脱毛ビューティーサロンBiDo 代表 福島靖子

 
プロフィール 滋賀県出身。学業修了後、生命保険会社で営業職として働く中で、好きな美容に関心を持ち効果効能を追求。喜んでもらえる美容を仕事にしたいと考え、転身を決意。同じ思いを持つ学生時代の同級生である西村諒子氏と共に脱毛ビューティーサロンBiDoを開業した。ハイフや光脱毛、ブラジリアンWAXなど豊富なメニューを提供している。アットホームな雰囲気で施術を行い、男女問わず多くの顧客から信頼を集めている。【ホームページ
 
 
 
ハイフ、光脱毛、ブラジリアンWAXなど、さまざまなメニューをそろえた美容サロン。それが、滋賀県栗東市の脱毛ビューティーサロンBiDo(ビドゥー)だ。学生時代の同級生という代表の福島靖子氏とスタッフの西村諒子氏は、明るくアットホームな雰囲気で心も体も解放する施術を提供。中でもセルフハイフと変わらない料金でプロが施術するハイフには、“美容男子”の狩野恵輔さんも感動の面持ちだった。
 
 
 

同級生を誘って念願の美容サロンをオープン

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 滋賀県栗東市の脱毛ビューティーサロンBiDoさん。今日は福島靖子代表とスタッフの西村諒子さんにお話をうかがいます。まずは、お二人が美容サロンを始めたきっかけから教えてください。
 
福島 私はもともと「好きな美容で独立したい」と考えていました。ですがそのためには、同じ思いを持つパートナーが必要だとも考えていました。そんな中、学生時代の同級生だった西村との再会がきっかけで独立のイメージが持てたんです。彼女は趣味でエステの勉強を続けて資格を取り、自宅で友人に施術していました。私も西村の施術を受ける一人だったんですよ。彼女の人柄とセンス、また互いの長所を持ち合わせるとよりイメージが具体的になりました。
 
狩野 それがBiDoさんのオープンにつながったわけですね。
 
福島 また、同時に条件の良いテナントを借りることができたので、一気に形にしました。西村に声をかけ、2人で当店をオープンしたのは2020年のことです。
 
狩野 福島代表にとっても西村さんにとっても、勇気が必要な行動だったでしょうね。
 
西村 そうですね。でも、別の仕事をしていた私も、いつかは美容できちんとしたお店を持ちたいと思っていたので、福島からの誘いはまさに渡りに船でした。
 
狩野 お二人の気持ちとタイミングがぴったり一致して誕生したBiDoさんは、東海道本線の栗東駅から徒歩6分と便利な立地ですよね。広くてきれいな店内も素晴らしいですよ。
 
福島 ありがとうございます! 狩野さんに褒めていただけると本当に嬉しいです。