B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人柄重視で職人を育成し 解体業の印象を覆したい
合同会社池田興業 代表 池田知広

 
プロフィール 東京県出身。工務店を営む父の背中を見て育ち、自身も21歳で解体会社に入社。間もなくして新潟県中越地震が起き、復興の支援にも参加する。親方として経験を十分に積んだ後、2020年に合同会社池田興業を立ち上げた。業界歴20年以上のベテランとして、主に戸建て住宅の建物解体や内装解体を手がけている。解体業ならではの騒音・振動・ほこりなどにも十分に配慮する姿勢は、近隣からの信頼も厚い。
 
 
 
ただ建物を壊すだけの仕事ではない、新しく建てる建物のためにきれいに解体する。この信念で解体業に邁進するのが東京都西東京市の合同会社池田興業だ。池田知広代表は業界歴20年のベテラン。現場では近隣への挨拶を欠かさず、廃棄物の分別も徹底するなど、誠実な仕事で着々と事業を拡大している。若手の育成にも力を入れたいと語る池田代表に、解体業の魅力や古材のリサイクルなど新たな挑戦についてじっくりとお聞きした。
 
 
 

21歳で解体業を始め20年超のベテランに

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 東京都西東京市を拠点に躍進中の、合同会社池田興業さんにお邪魔しています。事業内容は、主に戸建て住宅の建物解体や内装解体だそうですね。さっそく池田代表のご経歴からお聞きしたいと思います!
 
池田 もともと私の父は工務店を経営していました。その影響で、私も21歳のときに解体業の会社へ入社しまして。2022年現在41歳なので、業界歴は20年を超えたんですよ。
 
鶴久 20年ですか! もう十分にベテランの域ですね。これまでに、特に印象に残った現場はありますか?
 
池田 そうですね。解体の仕事を始めて間もなく、新潟県中越地震が起きました。そこで私が勤めていた会社も、復興の応援に駆け付けることになったんです。テレビで見ていたがれきの山を実際に現地で目の当たりにし、衝撃を受けました。それと同時にそれまでにない使命感を感じ、「この仕事を絶対にやり遂げよう」という強い気持ちが湧いてきたんです。
 
鶴久 災害からの復興は、解体業のみなさんの活躍がなければ始まりません。人助けにも直結する現場ですから、大きなやりがいもあったことでしょう。それから、独立はいつ頃だったのでしょう。
 
池田 若い頃から「いつかは独り立ちしよう」と考えていたものの、なかなか勇気を出せず行動に移せないまま時間が過ぎてしまいましてね。それでも、お世話になった方々から背中を押されてようやく決断し、2020年に弊社を立ち上げました。
 
鶴久 周囲の方々からの熱い応援もあったのですね。いざ、独立した当時の心境や手応えはいかがでしたか。
 
池田 私はそれまでずっと親方を務めていましたから、どんな現場でも完璧な作業をすることには自信がありました。ただ、営業の経験がなかったので、最初は仕事を獲得するのに苦労しましたね。メインで行っている戸建て住宅の営業で不動産会社に出向いても無視されてしまったり、チラシをお渡ししても「すぐシュレッダーにかけるよ」と言われてしまったりなど・・・(笑)。独立後は営業の難しさを、身をもって知る日々が続きました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事