B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

統計学に基づく性格診断 企業や保育園にコンサル
株式会社せきしんの才 代表取締役 塩尻大輔

 
プロフィール 岡山県出身。大学卒業後、広告代理店に15年勤務。保険業界のトップセールスマンとの出会いをきっかけに保険代理店に転職し、縁あって生年月日から性格を診断する統計学と出会う。その方法論を自身の経験も加味してブラッシュアップし、2021年(株)せきしんの才を設立、人材育成・組織形成および保育園・幼稚園向けのコンサルティングを行っている。【ホームページ
 
 
 
岡山県岡山市に拠点を置く株式会社せきしんの才。塩尻大輔代表取締役は、統計学に基づく性格診断を、企業の人材育成・組織形成や保育園・幼稚園における子どもと保護者への対応に役立てるノウハウを確立した人物だ。豊富な知識とクリアな説明で、人間関係に潜むさまざまな障害を解き明かし、その解決法を提示してくれる。「各人の素質を理解すれば、お互い気持ちのいい関係でやっていけるのではないか」と語る塩尻社長に、統計学やこれまでの歩みについて語ってもらった。
 
 
 

統計学の知を部下や子どもへの対処法に活用

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 岡山市北区で株式会社せきしんの才を運営する塩尻社長は、統計学を用いて企業の人材育成や組織形成、さらには保育園・幼稚園向けのコンサルティングをされていると聞きました。統計学をどんなふうに活用しているのか教えていただけますか。
 
塩尻 簡単に言うと、生年月日からその人の性格を診断し、企業向けであれば最適なコミュニケーションの取り方や人員采配に、保育園・幼稚園ならお子さん、あるいは保護者の方に合った接し方などに役立てるというものです。もともと知られていた統計学的な学問の成果をパソコン上のアプリにまとめ、コンサルティングのベースとして使用しています。
 
八木 生まれた日で性格を調べられるんですね。どんな性格の人かわかれば、上司が部下に指示を出すときの伝え方も工夫できるし、反対に部下が上司の言動を理解する糸口にもなりそうです。また、子どもに手を焼いている保育士さんや幼稚園の先生にとっても朗報でしょう。人の性格ってさまざまな分類法があると思います。塩尻社長の場合もいくつかのタイプに分類しているんですか?
 
塩尻 おっしゃるとおりです。深く分析していくとすごい数になります。それを、初めての方にもわかりやすくするために12種類の表を使ってご説明しています。さらに、この12種類を大きくフィーリング、アクティブ、マインドの3つに分け、それぞれの特徴とお互いの関係性も明らかにしています。
 
八木 奥深そうですね。私もコーチを経験していろんな性格の選手と向き合ってきたので、塩尻社長の方法論に興味が湧いてきました。