B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

スマホで手軽にカスタム 自分らしさ溢れる住宅を
TATERUNARA株式会社/ジブンハウス奈良 代表取締役 上田恭平

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 奈良市に拠点を置く、TATERUNARA(タテルナラ)株式会社さん。「ジブンハウス奈良」を運営し、デザイン規格住宅「ジブンハウス」の設計を手がけられているそうですね。上田社長はもともと、建築業での独立を夢見ていたとうかがっています。
 
上田 ええ。大学時代から「独立するなら建築業で」と決めていた私は、卒業後、すぐに二級建築士の資格を取得しました。その後、神戸市の建築会社に就職し、現場監督や営業設計を担当させていただきましてね。お客様と二人三脚でさまざまな家をつくってきたからこそ、現在、多種多様なニーズに応えられていますし、デザイン規格住宅を扱う者として的確なアドバイスができていると思っています。
 
石黒 家づくりへの熱いお気持ちが伝わってきます。そういえばこちらでは、奈良県産の木材にこだわっているとうかがいました。「TATERUNARA」という社名も、「建てる奈良」と読めますよね!
 
glay-s1top.jpg
上田 わかっていただけて嬉しいです(笑)。私の妻の出身地である奈良は自然豊かで広大な土地を誇っており、ゆったりとした暮らしを楽しめるのですっかり魅了されました。そんな奈良で心安らぐ家をご提供したい思いから、この地で事業を行っているんですよ。そして石黒さんのおっしゃる通り、私たちは「吉野材」という、奈良県吉野地方で生産される杉やヒノキからつくられる木材を用いた家づくりを手がけています。吉野材は木目が細かく節が少ないために強靭性に優れていて、非常に良質な木材なんですよ。
 
石黒 まさに、奈良に拠点を置いているからこそできる家づくりですね。ところでこちらでは、建てたい家のイメージを見える化できる「スマートカスタム」というサービスを導入されているそうですね。