B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

若者の就農を増やす変革
農業を魅力ある職業に

 

農業は数値化することで収穫量を予測できる

 
中塚 また、当農園のポリシーは環境にやさしく安全でおいしいお米を生産すること。そこで、牛糞たい肥や発酵鶏糞などの有機資材を活用し、環境に負荷をかける被覆肥料は使わない、化学肥料や農薬は可能な限り使用しないなど、さまざまな取り組みを続けています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 それは消費者にとっても安心です! 最近は、高齢化が進み全国的に離農する方が増えていますよね。加西市ではいかがでしょう。
 
中塚 残念ながら、このあたりも耕作を放棄する農家が増えています。そして、畑や田んぼは1年でも放置すると農地として復活させるのが難しくなるんですよ。弊社を立ち上げた理由の一つは、そのような耕作放棄地の拡大を食い止め加西の農業を支えるため。「農業を辞めるから面倒を見てくれ」と頼まれた田畑を少しずつお引き受けした結果、現在は30ヘクタールもの土地を管理するようになったんです。
 
狩野 30ヘクタールとは驚きました。株式会社中塚農園さんは加西市の農地を守る最後の砦ともいえますね。ぜひ、良質な土地を次の世代に引き渡していただきたいです。それにしても、中塚社長が農業とどのような思いで向き合っているのか気になります。やっていて、つらいと思うことはありませんか?
 
中塚 実は農業と設計の仕事には共通点があるんですよ。農業の肝は肥料や農薬の量を数値化し適正に使うこと。そうすれば収穫量をほぼ正確に予測できるんです。数字が大切なのは設計も同じですから、そういった発見もあって、私はどんどん農業がおもしろくなったんです。
 
狩野 なるほど。農業を数字でとらえる発想は中塚社長ならではでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
中塚 ええ、私は「今年はたまたま天候に恵まれたから収穫量が増えた」という考え方をしません。農業とは、あらゆる工程を数値化し計算づくで作物を栽培する仕事だと考えています。そして、そこに楽しさがあることをもっと多くの方に理解していただきたいんです。
 
狩野 そのメッセージは、特にこれから就農を考える若い人たちに届けたいですよね。
 
中塚 まさに狩野さんのおっしゃるとおり。そこで弊社は加西市の農業の未来を担う人材の育成にも全力を注いでいるんですよ。