B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

プロの指導で学力アップ
家族の会話力も伸ばす塾

 

親子の「会話力」が子育ての行く末を決める

 
glay-s1top.jpg
狩野 大きな期待を背負って始められた寺子屋の里さん、塾名もとてもいい名前ですよね。これにはどんな意味が込められているのでしょう?
 
大西 名前を気に入っていただけて嬉しいですね。塾名には「○○塾」と付けるのが一般的ではあるものの、塾という看板を出してしまうと頭のいい子ばかりが集まる印象があったので、あえて外したんです。できのいい子からこれから伸びていく子まで、誰でも気兼ねなく通える場所にしたくて、寺子屋にしました。そして実母からのアドバイスもあって、「実って里に帰ってこい」という意味の自分の名前の「里」を一文字取って付けたんです。
 
狩野 なるほど、成長した子どもたちにとってのホームでもあるんですね。保護者の方たちの協力があって実現したという経緯も寺子屋の名にふさわしいですし、こんな手づくり感満載の温かい塾って他にないと思いますよ。
 
大西 ありがとうございます。実は当塾のホームページやYouTubeもすべて父兄がつくってくれたんですよ。
 
狩野 大西代表の取り組みにますます興味が湧いてきました。他とは違う一番の特徴を挙げるとしたら、何だとお考えですか?
 
大西 子どもに教材を与えて教えるのはどこの塾でも同じです。それに加えて、ここでは親子のコミュニケーションを重視していますね。例えば当塾で行なっている「親子診断」では、ご家庭で勉強中のお子さんとそれを見守るご両親の様子を動画で見ていきます。親から子にどういう声かけをしているかによって、その子が将来どんな特性を持った人に育つか、ある程度予測できるんです。
 
狩野 それは親としては少し怖いなあ(笑)。中には「遊んでないで勉強しろ!」としつこく叱ってしまう方もいらっしゃるでしょうね。
 
大西 一概に叱っちゃだめなわけではないのですが、そういう声かけばかりをしていると、子どもの学力が伸びにくいという経験則があるんです。これまで私が3000人以上の生徒を教えてきた中で培った経験をもとに、親御さんには「もっとこんな風に話したほうがベターですよ」などとアドバイスをしているんです。
 
狩野 私にも子どもが5人いまして。みんな性格が全然違っていておもしろいなと思う半面、同じ言葉をかけても素直に受けてくれる子もいれば、全然通用しない子もいるから難しいです。そのあたりを客観的にアドバイスしてもらえると、ご両親はすごく参考になるでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
YouTubeチャンネル「親子の会話コンシェルジュ さとみん」
大西 子育てで最も重要なのは会話力、つまりコミュニケーションというのが私の持論です。最近は『子育ては“会話力”で決まる!』という本も出版しました。父兄とのやり取りを増やすためにインターネットも積極的に活用し、YouTubeチャンネルでは子育て相談の生配信をしたり、SNSでも随時質問を受け付けたりする活動をしているんです。
 
狩野 学習塾というより、まるでご家族を指導しているようなイメージですね。
 
大西 そう言ってはおこがましいかもしれませんが、その通りなんです。親御さんが子ども一人ひとりの感性の捉え方を理解するのが、成績を伸ばすうえで一番の近道ですからね。