B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

プロの指導で学力アップ 家族の会話力も伸ばす塾
寺子屋の里 代表 大西里実

 
プロフィール 大阪府出身。小・中・高と、学生時代に教師から厳しくも愛情ある指導を受けた。その経験から自身も教職の道に憧れを抱き、高校教師になる。その後、大手学習塾の講師を経て高校受験対応学習塾・寺子屋の里を開校。教室での授業やオンライン家庭教師の他、YouTubeやSNSを活用し、保護者の子育て相談にも対応。2022年2月、初の著書『子育ては“会話力”で決まる!』(ギャラクシーブックス)を上梓し好評を博している。【ホームページ
 
 
 
少人数制の高校受験対応学習塾・寺子屋の里を主宰する大西里実代表は、塾のセオリーにとらわれない斬新な指導法で生徒たちはもちろん、保護者からも絶大な信頼を獲得している。学力向上には一人ひとり異なる子どもの感性を深く理解し、親や教育者が普段からの声かけやモチベーションの維持に生かすことが重要と説く大西代表に、これまでの歩みや塾でのユニークな取り組みについてじっくり語ってもらった。
 
 
 

大手塾の教室長を経て保護者の勧めで独立へ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 今日は滋賀県彦根市にある少人数制・高校受験対応の学習塾、寺子屋の里さんにやって来ました! 塾を運営されている大西代表は今までどんなキャリアを歩んでこられたのでしょうか?
 
大西 もともとは高校で理科の教鞭をとっていたんです。そんな中、体調を崩してしまったことで一度リタイアしまして。その後は、大手塾に勤務しました。関西に100件ぐらいある教室の中の1つを任され、成績上位をキープしていたんです。
 
狩野 それはすごい! それほど指導力が高かったのですね。
 
大西 ただ、学力を上げる指導の方法が会社のマニュアルと違っていたことで、社内でいろいろと軋轢も生まれまして(笑)。結果が出ている以上は会社もきつくは言えないけれど、他の若い講師にまねされたら困るということでした。自分としても、そんな立場でいるのがだんだん苦しくなってきて、この先どうしようと思っていると、父兄の方たちから「独立しなさいよ」と背中を押されたんです。
 
狩野 塾を開いたのは、保護者に勧められたことがきっかけだったわけですか! 
 
大西 それだけでなく、物件探しから融資の相談、リフォームのことまで面倒をみていただきました(笑)。あっという間に段取りが済んでしまい、「で、お前どうするねん、やるんか、やらへんのか」と迫られ、「わかりました、ハンコ押します」と(笑)。
 
狩野 すごいエピソードです。どれだけ周囲からの信頼が厚かったのかがわかりますね。