B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

タイで学んだ経験が光る 唯一無二の塗装会社
合同会社サワディーハウス 代表役員 鈴木寿彦

 
プロフィール 茨城県出身。日本有数の大手総合電機メーカーへ就職し、工程管理業務に約9年間携わる。その後、大手コンビニエンスストアの店舗オーナーへ転身。顧客に建築業者が多かったことから建築の世界に興味を持ち、タイで出会った知り合いのもとで業界における顧客との接し方などを学んだ。2019年、塗装を主に手がける(同)サワディーハウスを設立。タイでの経験を活かし、日本で馴染みの薄い塗料の提案に力を入れている。【ホームページ
 
 
 
塗装をメインに手がける合同会社サワディーハウス・鈴木寿彦代表役員の経歴はユニークだ。大手総合電機メーカーに9年間勤めた後にコンビニ経営者に転身し、顧客であった建築職人の姿に魅了され、建築の世界へはまっていったという。愛するタイの地で出会った建築会社の社長のもとで顧客への考え方を0から学び、同社を設立。建物はどこから、そしてなぜ朽ちるか、守るためにはどうすればよいかなど各方面から提案できる独自性と誠実さで、顧客から職人まで関わる全員の笑顔を創出している。
 
 
 

接客を機に建築業に興味を持つ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 埼玉県白岡市に拠点を置く、合同会社サワディーハウスさん。屋根や外壁の塗装、内装リフォームなどを手がけているそうですね。まずは、鈴木代表のご経歴から教えていただけますか。
 
鈴木 私は茨城県日立市で生まれ、高校を卒業後、地元の大手総合電機メーカーに就職しました。その会社では社内のテストで上位3人のみが、好きな学部で1年3ヶ月間学ぶことができる制度があったので、その制度を使って大学に通いながら働いていた時期もありましたよ。最終的には9年ほど工程管理業務に従事して29歳で退社し、かねてから夢であった経営者になるべく、大手コンビニエンスストアの店舗オーナーに転身したんです。
 
名高 ほう、まったくの異業種へチャレンジされたわけですか!
 
鈴木 ええ。そのコンビニは今や知らない人がいないほどの大手チェーンではあるものの、当時はまだ茨城県内に17店舗しかなく、需要と伸びしろを感じたんですよね。ただ、建築業界のお客様が多かったこともあり、接客しているうちに徐々に建築の仕事に関わってみたいと思うようになったんですよ。
 
名高 鈴木代表の今があるのは、コンビニ時代のお客さんの影響なんですね。それから鈴木代表がどのような道を歩み現在に至るのか、ますます興味が湧いてきました!