B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

徹底的な準備と若い力で
解体業のイメージを変革

 

女性スタッフを増やし遺品整理に進出!

 
glay-s1top.jpg
今岡 野球も「この状況になったら代打がある」「バントの可能性が高い」などと、何手も先の展開を読み準備をすることがすべてなんですよ。なぜなら試合で準備以上の結果を出すことはできないからです。株式会社Tiaraさんが家屋からビルまであらゆる現場に対応できるのも、日頃の準備が完璧だからではないでしょうか。
 
森岡 まさにその通りで、弊社は高台にある建物の解体など、リスクの大きい仕事も絶対にお断りすることがありません。事前にしっかり計画を練り、準備を万端に整えるからこそ、危険を伴う工事も自信を持ってお引き受けできるんです。
 
髙島 解体工事というと、大きな重機で建物を潰すイメージがあるかもしれません。でも、実際にはさまざまなタイプの現場があります。私たちは、一つひとつの現場にゼロから挑み経験を積んできました。「どうやって、この建物を壊しきれいな更地にするか」と徹底的に考え抜き、体で覚えてきたからこそ、他社には無理な現場にも対応できるんです。
 
今岡 そうして古い建物を取り壊し、まっさらな土地に変えることができると、解体業ならではのやりがいを感じることができるでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
森岡 はい、古くなった建物があったとは思えないほどきれいになった土地を見ると、施工した私たちも大きな達成感を味わうことができますね。
 
今岡 その充実感をさらに高めるため、今後はどのような展望をお持ちなのでしょうか。
 
森岡 これからは不要品回収のノウハウを生かし、遺品整理にも進出し事業を拡大しようと考えているところでして。そのためにも女性スタッフを増やしたいと思っているんです。
 
髙島 弊社の残置物回収や不要品回収は、私の妻が中心に動いているんですよ。遺品整理のような細かい作業は女性のほうが向いていると感じますね。ですから若い女性にどんどん入社していただきたいと思っています。そして、解体業界のイメージを変革することが私たちの目標です。
 
森岡 この業界はきつい、汚い、危険という3K職種の筆頭で悪いイメージの会社もたくさんあるのが実情です。だからこそ若い人や女性が活躍する姿を見ていただき、世間の印象を少しでも改善したいんですよ。そのために私たちはどこまでも走り続けます!
 
今岡 今日は、とても奥が深い解体業の楽しさをよく理解できました。お二人とも体調にだけはくれぐれも気を付けて、素晴らしい人材の育成にますます力を入れてください。株式会社Tiaraさんのさらなる躍進を私も楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
好きな仕事に携わっているので、自然と楽しめています。家にいると、仕事に行きたくて落ち着かないほどです(笑)。
(森岡智哉)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社Tiara
■ 本社 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町1-60-8
■ 事業内容 解体/残置物・不要品の回収
■ ホームページ https://tiara8.co.jp