B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

徹底的な準備と若い力で
解体業のイメージを変革

 

何よりも大事にしているのは事前の準備

 
glay-s1top.jpg
今岡 不要品回収と解体を別々の会社に依頼すると、費用だけでなく連絡や打ち合わせで余計な手間もかかります。でも、株式会社Tiaraさんならどちらの悩みも解決しすべてを委ねることができるわけですね。建物の解体でお困りの方は、ぜひ一度、相談していただきたいです。では、その見事な業務を支えるスタッフさんを紹介してください。
 
森岡 弊社のスタッフは15名で、そのうち8名が正社員です。年齢は20代・30代が中心でして。私を含めた若いスタッフが、スピーディに作業を進めるので圧倒的な低価格を実現できます。これも弊社ならではの大きな強みの一つと言えますね。
 
今岡 今はどの業界も人手不足に悩んでいますよね。特に、解体業は体力的にきつい仕事で人材が集まらず、入社してもなかなか定着しないと聞いたことがあります。その中で髙島統括は、どのようなお取り組みで人材育成に成功してきたのでしょう。
 
髙島 私の方針は、若い人たちが自由に働ける環境を用意することです。一人ひとりが責任感を持って現場に挑み、何か困ったことがあったら私が応援するように心がけています。
 
今岡 なるほど。そのような確固たるポリシーがあるからこそ、株式会社Tiaraさんでは続々と優秀なスタッフさんが育つのだとよくわかります。
 
glay-s1top.jpg
顧問を務める髙島玄氏
髙島 解体業界には気性の荒い人が多いというイメージがありますよね。そんな中で、不思議と弊社に来るのはおとなしい子ばかりなんです(笑)。でも、現場では誰もが「自分がやります」と率先して手を挙げ、汗を流してくれるんです。心強い限りですよ。
 
今岡 それは、髙島統括や森岡社長のお気持ちがスタッフさんにしっかり伝わっているからではないでしょうか。野球と同じで選手が自分の役割を理解して、入念な準備をするからこそ試合で最高のプレーができるのだと思います。
 
森岡 今岡さんのおっしゃる通りです。弊社が何よりも大事にしているのは現場に入る前の準備。そこを徹底しているから効率のよい解体ができて、時間やコストを大幅に削減しお客様に喜んでいただくことができるんです。