B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

徹底的な準備と若い力で
解体業のイメージを変革

 

解体工事と残置物の回収を一貫して手がける

 
今岡 素晴らしい信頼関係ですね。ところで、Tiaraというユニークな名称の由来が気になります。
 
glay-s1top.jpg
森岡 解体業の会社には〇〇組などの社名が多く、ちょっと怖いイメージがありますよね。そういう印象を払拭したいと考え、髙島さんの奥様からアドバイスをもらい、女性にも好印象を持ってもらえるような名前を付けたんです。
 
今岡 とてもかわいらしい社名で記憶に残ります。解体業界のイメージアップに効果的ですよ。それでは、あらためて事業内容について詳しくお聞かせください。
 
森岡 弊社の解体工事は一般的な家屋からビル、ホテルまで幅広く対応しています。少子高齢化が進んで空き家の解体が増え、私たちもさまざまな現場を飛び回っているところです。
 
今岡 残置物の回収とは、解体現場に残された家具なども回収するということですか?
 
森岡 その通りです。通常の解体工事は建物の中をあらかじめ空にしていただく必要があり、私たちのような業者が施工するのはその後になります。ただ、いろいろな事情で家具や備品が残った建物を解体するケースも多いんですよ。その場合、まず残置物を運び出して処分しなければ解体工事を始めることができません。
 
glay-s1top.jpg
今岡 ノウハウがまったく異なる解体工事と残置物の回収を、株式会社Tiaraさんなら一貫してお願いできるようですね。これは心強い限りです。
 
森岡 はい、弊社はそのために古物商の許可も取り万全の体制を築いています。また、不用品回収やゴミ屋敷のお片付けなど、あらゆる状況に対応できるんですよ。
 
今岡 解体業も不要品回収も不法投棄などの問題がつきまといます。その点、きちんとした資格をお持ちの株式会社Tiaraさんなら安心してお任せできますね。不要品回収と解体を同時にお願いできるということは、そのぶん費用もリーズナブルになるのでしょうか。
 
森岡 ええ、もちろんです。残置物の回収だけを他社に頼むと予想以上にコストがかかります。弊社の場合は解体工事とトータルで手がけられるので、費用も低価格に抑えることができるんですよ。これこそ他社に負けない弊社ならではの強みです。