B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

オンラインとリアルで ダンスの楽しさを広げる
非営利団体WORLD BREAK SKOOL/WORLD IS YOURZ 代表 中川祐太

 
プロフィール 大阪府出身。10代後半からダンスを始め、本場のBREAKINGとROCKINGを学ぶため渡米。帰国後は日本各地のダンススクールでレッスンツアーを行う。地元熊取町で非営利団体WORLD BREAK SKOOLを立ち上げ、オンラインダンススクールWORLD IS YOURZを開講した。現役ダンサーでありつつ、ROCKINGの世界大会を国内開催するなどオーガナイザーとしても活躍している。【ホームページ
 
 
 
2024年パリオリンピックに新競技としてBREAKING(ブレイキン)が決定されるなど、注目が高まっているダンス。しかし、いまだ日本に伝わっていないダンスもある。例えばROCKING(ロッキン)というジャンルをご存じだろうか。ロックミュージックに合わせて踊るROCKINGの第一人者であるWORLD BREAK SKOOL(ワールドブレイクスクール)代表でダンサーの中川祐太氏に、自身の取り組みや今後の展望を聞いた。
 
 
 

ダンスに夢中になり渡米、数々の賞を獲得

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 オンラインダンススクールWORLD IS YOURZ(ワールドイズユアーズ)を展開する、非営利団体WORLD BREAK SKOOLさん。まずは中川代表のこれまでの歩みからお聞かせください。
 
中川 もともとストリートカルチャーが好きで、最初はスケートボードをやっていたものの、怪我でできなくなったんです。そこで、同じくストリートカルチャーを感じるダンスを始めました。すっかりダンスにのめり込んでしまい、国内外多くの大会に出場してきました。ダンスを通じて多くの出会いがあり、さまざまな文化や考え方を深めることができたと思います。そのなかでもアメリカでROCKINGのレジェンドと呼ばれる大御所の方から学べたことは大きかったですね。
 
畑山 アメリカへ武者修行とはすごい! 中川代表は講師としてだけではなく現役のダンサーとしても活動していらっしゃるとお聞きしました。ご自身の中で思い出に残るタイトルや大会はありますか。
 
中川 カナダでの大会での優勝やTHE JAMでの優勝ですね。以前出場した、ブレイクダンスの日本代表を決めるRed Bullの大会ではベスト8という結果でした。次はトップを狙っています。