B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

神経の伝達異常を改善し 身体の不調を施術で改善
整体院ファシリテイト 院長 北村隆行

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 今日は阪急神戸線武庫之荘駅から徒歩2分のところにある整体院ファシリテイトさんにお邪魔しています。私は現役時代から腰痛に悩まされてきたこともあり、整体をはじめとする身体のケアについて常に関心を持っています。まずは理学療法士でもある北村院長が力を入れている「神経整体」について聞かせてください。
 
北村 身体の不調がある部分をさわってみると、筋肉が硬くなっていることが多いです。一般的には、その筋肉をほぐすためにマッサージなどの施術をしますよね。ただ、それはあくまで部分的なもので、身体は脳から神経的な指令を受け、理由があって硬くなっているのです。硬くなった一部分をほぐしても、神経系の伝達回路が改善されていないと、脳は「ここはまだ硬いんだ」と認識しているので、結局、その筋肉をまた硬くする元の身体に戻ってしまいます。
 
狩野 なるほど。だから施術で一時的に回復しても持続せず、また痛みが発生するケースがあるんですね。
 
北村 ええ、マッサージなどの施術に限らず、湿布やコルセット治療などでも同様です。最終的には、筋肉をはじめとするさまざまな組織を制御する「神経伝達」の異常が改善されなければ症状は変わらないのです。神経整体では、痛みの原因となる部分を緩めるだけでなく、眠っている神経細胞にもアプローチします。具体的には原因となる部分にそっとタッチするだけです。ただ、どこをどう施術すれば効果的かという部分については、知識を持っていなければできません。それには、理学療法士としての経験が役立っています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 実は「神経整体」という施術は初めて耳にしました。でも、聞けば聞くほどアスリート、スポーツをする方に向いているように思います。
 
北村 そうですね。神経整体の効果として、体性神経のほか、集中力とパフォーマンスをアップする作用のある交感神経と、リラックスや回復の役割を果たす副交感神経それぞれを同時に高める点が期待できます。実年齢に関係なく、その方の神経伝達スピードを10~20歳代のレベルまで引き上げることが可能と言われていて、さらなる研究が進められているところです。