B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

明石の新鮮な魚を全国へ 仲卸から小売りにも進出
八蔵水産/吉市水産有限会社 代表取締役 竹野望

 
プロフィール 兵庫県出身。明石市公設地方卸売市場の仲卸業、吉市水産(有)で魚の目利きや競りの経験を積み、その実績を買われて2016年1月、4代目の代表取締役に就任した。代々受け継いできた本業に加え、2017年には関連企業の(株)八蔵水産においてネットショップの通販事業をスタート。2021年には丹波市に直営店舗もオープンし、明石鯛の干物などを販売している。【ホームページ
 
 
 
兵庫県明石市の吉市水産有限会社は、会社として今の形になる以前から、明石の浜で海産物の仲卸を続けてきた。その伝統を今に受け継ぐ竹野望代表取締役は従来の本業にとどまらず、明石の新鮮な魚を全国に届けようと小売りにも果敢に進出し、鯛の灰干しなど、看板商品の販売に力を注いできた。コロナ禍で大きな打撃を受けながらも持ち前のバイタリティと経営手腕で乗り切ってきた竹野社長に、同世代の石黒彩さんがインタビューした。
 
 
 

明石浜の代々続く仲卸業の魂を受け継ぐ会社

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 明石市で水産仲卸店を営む吉市水産有限会社の竹野社長にお話をうかがいます。B-plusには2度目のご登場ですね。私は初めてお目にかかります。どうぞよろしくお願いします!
 
竹野 こちらこそ。石黒さんとは同世代で、モー娘。時代のこともよく覚えていますよ。今日は弊社で扱っている明石鯛の灰干しを召し上がってほしくて焼いていますから、少しお待ちください。
 
石黒 お魚の干物は大好物なんです。すでにいい香りが漂っていたから、内心期待していました(笑)。さて、あらためて吉市水産さんのプロフィールと事業内容をお聞きしたいです。明石の浜辺で代々続いてきた、とても歴史のある会社だそうですね。
 
竹野 ええ、吉市水産という法人の形になったのは2003年であるものの、仲卸業“吉市”としては、昭和初期よりもずっと前、いつ始まったかはっきりしないぐらい昔からやってきたようです。私は吉市を代々継承してきた家の身内ではなく、この会社で働くうちに、ひょんな成り行きで社長になりました。わかっている範囲で4代目でして。就任してちょうど7年になります。
 
石黒 そうでしたか。お仕事の舞台は、こちらの明石市公設卸売市場が中心ですか?
 
竹野 そうです。毎日が、港と市場の往復ですね。明石の海で捕れた魚を買い付け、関西圏のほか東京の豊洲市場にも流しています。一方、八蔵水産という別会社で小売りも手がけていて、2017年からネットショップを運営しています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事