B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

遠赤外線でポカポカに 人と環境に優しい床暖房
佐々木・プランニング 代表 佐々木康雄

 
プロフィール 山梨県出身。1982年、大手電子商社に入社し30年近く勤務。電子機器に関する知識と経験を活かし、2015年、床暖房システムの販売と設置工事に特化した佐々木・プランニングを設立した。山梨伝統技術和紙と最先端技術カーボンを融合させた床暖房シートは、家庭で暖をとるだけではなく、高速道路、ライフラインの凍結防止、農業でも活用され、省エネかつ人体に優しいことから大きな注目を集めている。【ホームページ
 
 
 
床暖房に特化した販売と施工を請け負っている佐々木・プランニング。代表を務めるのは、30年近く大手電子商社で電子部品に携わってきた経歴を持つ佐々木康雄氏だ。運命的に出合った高性能な床暖房シートの魅力に惚れ込み、可能性をさらに広げるため、現状に満足することなく果敢に挑戦し続けている。「楽しいことに付加価値をつけて、もっと楽しくする」がモットーの佐々木代表に熱い思いを語ってもらった。
 
 
 

省スペースで大活躍するピンポイント床暖房

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 大路恵美(女優)
大路 床暖房の販売と設置工事を専門にされている佐々木・プランニングさんにお邪魔しています。床暖房に特化した取り組みとは、ユニークで珍しいですね。ただ、個人的には、床暖房は敷居が高いイメージなんです。
 
佐々木 確かに、昔のように床を剥がしてシートを埋め込むのは大がかりな工事になります。でも今は、リフォーム工事でフローリングの上に0.4mm薄型シートをそのまま貼って、段差を解消する方法があるんですよ。ですから、リビングルームだけではなく、トイレ、脱衣所などの省スペースでの利用も可能なんです。特にキッチン周りは奥様方に喜ばれていますよ。
 
大路 へーっ! それは良いですね。私も料理が好きでよくキッチンには立つものの、冬場は本当に寒くて・・・。床暖房付きのキッチンには憧れますよ。
 
佐々木 この床暖房があれば、住まいの部屋・廊下だけでなく、キッチン・脱衣所・トイレ等まで同等の温度を実現できます。冬場のヒートショック対策にもかなり役立ちますよ。
 
大路 ヒートショックは高齢者の大きな死亡原因ですから、それは素晴らしい! シート状にしたことで床暖房はコンパクトでピンポイントに活用できるものに進化しているんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事