B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客第一主義だから安心
地域密着の頼れる工務店

 

高品質の施工と幅広いニーズへの対応が強み

 
glay-s1top.jpg
八木 それにしても、これほど多くのお客さんを獲得するのは容易いことではないでしょう。独立した当初は、どのようにして受注を増やされたのですか?
 
大枝 飛び込み営業ですね。紹介をいただける機会も若干はあったものの、基本的にはひたすら営業活動に勤しみました。それに、営業職を経験していた自分にとっても得意分野ではありましたから。
 
八木 まさに大枝代表ならではのご経験を生かされたのですね! その際は、どういった会社に営業をかけることが多かったのでしょうか?
 
大枝 集合住宅を管理している不動産関係の会社が多いですね。というのも、例えば「住んでいた学生さんが引っ越したから、次の賃貸に出す前に修繕してほしい」といったご依頼をいただける機会が多いんですよ。ですから、初めはそういった案件一つひとつ丁寧に対応していきました。
 
八木 なるほど! そういった細かな依頼を真摯に対応することで、着実に信頼を獲得されてこられたのですね。自然と口コミも増えていったのでは?
 
大枝 八木さんのおっしゃる通りです。次第にご紹介いただける機会も増えまして。おかげさまで受注件数が増えていき、会社を軌道に乗せることができました。
 
八木 真摯な姿勢だけでなく、お仕事のクオリティが高かったのが、口コミが広がった大きな要因でしょうね。大枝工務店さんでは、具体的にどのような工事に対応できるのでしょうか。
 
大枝 当事業所では、大規模な住宅建築工事やリノベーション、飲食店のリフォーム、賃貸物件や一般住宅の改修工事から、「網戸を交換したい」といったレベルの修繕まで、フットワークの軽さも強みに幅広くご対応することができますよ。先日の台風の際には、駐車場のポリカーボネートの修繕もさせていただきたました。
 
八木 それは頼もしい! 本当に建築に関わることならワンストップでお任せできますね。これほど幅広く対応できる秘訣はなんなのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
大枝 やはり、腕の良い協力会社さんとの密な連携がポイントですね。そもそも、私は野球で言えば監督のような立ち位置なんです。
 
八木 ほぅ、プレイヤーではなく監督なんですね!
 
大枝 そうです。もちろん、細かな修繕などは私も対応するものの、基本的には依頼を獲得してきて、プロフェッショナルな職人の方々にお任せするというスタイルをとっていまして。一例を挙げると、ある飲食店から、「ここのクロスを交換したい」「2部屋をつなげて部屋を広くしたい」といったご要望を賜れば、クロスはクロスの専門家、改築は改築に長けた職人を起用して、対応するわけです。私は、工事全体を初めから終わりまでを細やかに管理して、指揮をとっていくんですよ。
 
八木 確かに監督そのものだ! 腕の良い職人や協力会社とのコネクションによる、高品質な施工と幅広いニーズへの対応力こそが、大枝工務店さんの強みなのでしょう。