B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

親身な相談で安心・納得
遺族の心に寄り添う葬儀

 
 
glay-s1top.jpg
葬祭ディレクターの片岡諒大氏(右)
江幡 実は、ブライダル業界をロールモデルとしているんです。式場のパンフレット写真一つとっても、ブライダルは見せ方がうまいのに、葬儀会社は簡素なカタログ用の見本写真に値段が書かれているだけ。弊社は、モデルさんにもご協力いただき、葬儀のイメージ写真を掲載するなど、わかりやすさにこだわりました。ご遺族の金銭面での不安や情緒が不安定な中で葬儀の準備を進めさせていただくので、「思っていたのと違った」といったクレームやトラブルを避けるためにも、見える化を心がけています。
 
矢部 ただでさえ心が疲弊しているのに、葬儀でトラブルになるのは遺族としても悲しいでしょうし、従業員の方も心が疲弊してしまいますものね。
 
片岡 はい。葬儀業界は、トラブルで心が折れてしまう従業員も多いんです。弊社は葬儀を無事に終えるまでの道のりも大切にすることで、ご遺族との間に信頼関係を築き、トラブルもなく心にゆとりを持って働くことができます。多くの葬儀社はお給料が歩合制のため、営業担当同士でどれだけ客単価を上げられるか競いあう中、弊社は固定給にすることで全員が同じステージで力を合わせ、よりよいサービスを提供できる環境を整えているんですよ。
 
矢部 素晴らしい環境ですね。私もお葬式について考えることはあるものの、やっぱりまだどこか他人事のようなところもあって、「具体的に備えておこう」とまでいかないのが現状です。
 
glay-s1top.jpg
江幡 事前に気になる葬儀会社数件に問い合わせて、比較してみるといいですよ。もちろん、弊社を選んでいただければ嬉しいことこの上ありません。しかし、一番はご本人やご遺族が心から納得して思い出に残る葬儀ができること。信頼できる会社をじっくり選んでいただきたいと思います。
 
矢部 引っ越し業者のように、葬儀会社も比較していいんですね。私は長女なので、母親にもしものことがあった時、いろいろと不安があります。エンディングライフさんのような葬儀会社さんがいてくれたら心強いですよ。
 
江幡 ありがとうございます。弊社では喪主様に専属の介添えスタッフを無料でおつけするなど、過去にうかがった皆様のご不安を解消すべく考えた“たくさんの無料サービス”を用意し、大切な1日を後悔なく過ごしていただけるよう、全力でサポートしています。葬儀にルールはありません。あとで振り返った時に、「いいお葬式だったね」と感じていただけるよう、心に寄り添ったサービスを提供し続けていきたいです。
 
矢部 自分や身内の死というのは、あまり想像したくないものですが、いざという時のために、きちんと備えておくことの大切さを感じました。これまでにない新しいスタイルのお葬式を世に広め、遺された人たちの心に残る素敵なエンディングを演出していってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
単純に「楽しい」という感情とは少し違うかもしれませんが、サービスを提供する私たちがマイナスの感情で働いていては、ご遺族に満足いただける葬儀はできないと思います。自分たちが本当にいいと思える取り組みをして喜んでいただけることが、仕事の楽しみですね。
(江幡昌哉)
 

:: 企業情報 ::

株式会社エンディングライフ

本社
〒121-0832 東京都足立区古千谷本町3-9-10-311

東京営業所
〒116-0012 東京都荒川区東尾久2-3-8

ホームページ
https://ending.life/sogi