B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

時代に合わせて進化する 老舗の研磨処理加工会社
株式会社旭研磨工業所 代表取締役 呉本寛起

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 金属の表面処理など研磨加工業を手がける、株式会社旭研磨工業所さん。事業内容からお聞かせください。
 
呉本 弊社では創業以来、食品や医療、製薬などの工場で使用される機械部品を加工する、手作業でのバフ研磨をメインに手がけています。これは特に職人の腕が反映される処理で、キッチリと磨き上げることで、より品質の高い鏡面仕上げも行えます。
 
八木 御社は創業から60年以上の老舗だとお聞きしました。代々受け継いでこられたお仕事の中で呉本社長が大切にされていることは何でしょう?
 
呉本 ものづくりを支える職人の精神、そして老舗としてのブランディングを大切にしています。おかげさまで、弊社は数多くのご依頼をいただいています。しかし、労力や時間などさまざまな制約がある中で、そのすべてを受けてしまうと品質の低下につながりかねません。最高のクオリティで仕上げるためにも安請け合いはせず、しっかりとした仕事を行えるように心がけています。
 
八木 それはお客さんも安心でしょう。ほかに強みがあれば教えてください。
 
呉本 金属だけでなく、プラスチックやアクリル・セラミックなど、さまざまな素材の加工も行っています。多くの業界で事業の多様化が進む中、弊社もより幅広い業務に対応できるようにしているんです。そのほかにも、手作業では磨きづらい精密部品の研磨に特化した、鏡面ショット研磨やブラスト処理といった業務も行っています。
 
八木 時代の変化に合わせて、業務内容もアップデートしているわけですね。これからの展望やビジョンもぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
呉本 時代の変化に合わせて、事業内容も進化するべきとの思いがあり、ゆくゆくは自社での製作も必要ではないかと考えています。先代まで金属の表面処理専門だった業務を、多様な素材に対応できるようにしたのは、その一環でもあります。新たな分野を取り入れつつも、これまで培ってきた熟練の業も活かして、お客様に喜んでいただける仕事を手がけていきたいですね。
 
八木 安請け合いをせず品質を追求する姿勢や、お客さんの要望に応え喜んでもらいたいという思いに、絶対に妥協はしない強い気持ちと“磨き”に対するプライドを感じますね。それでいて、時代の流れやその時々のニーズに合わせて、会社や事業も少しずつ変化させていくという柔軟性はさすがだと思います。ぜひともその信念を曲げないよう、これからも存分に頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
メリハリをつけ、仕事中はしっかりと集中して取り組み、プライベートも充実させることが楽しみにつながると思います。
(呉本寛起)
 

:: 企業情報 ::

株式会社旭研磨工業所

〒570-0032 大阪府守口市菊水通3-16-10

ホームページ
https://www.asahi-kenma.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事