B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

250万でキッチンカー
オーナーの夢を実現!

 

確かな集客につながる徹底的なフォロー

 
glay-s1top.jpg
濱中 宝川社長ご自身は、御社の強みをどんな点にあるとお考えですか?
 
宝川 開業支援でいえば、キッチンカー購入に向けた資金繰りにまつわるお悩み事や仕入れ先に関する疑問の解消など開業前の相談対応はもちろん、開業後のアフターフォローも手厚く行っている点でしょうか。お客様は大きな夢を抱いて開業されるので、お客様対応を誠実に行うということは、徹底していますね。ちなみにキッチンカーの経営が失敗する原因の8割は、出店場所の選定ミスといわれています。なので、弊社から車を購入してくださったお客様には、私が開拓した、人が集まりやすい大手スーパー付近などの場所をご提案するようにしているんですよ。
 
濱中 やはりキッチンカー事業の成功は、出店場所が左右するんですね。とはいえ、移動の自由があるキッチンカーは、工夫次第で楽しく運営できそうなイメージもあります。
 
宝川 そうですね。例えばキッチンカーで好きな場所へ行って、仕事を楽しみながら旅をするように過ごす、いわゆるキッチンカーキャンパーも注目されているんですよ。
 
glay-s1top.jpg
クレープなどを販売するキッチンカー
濱中 それはロマンがありますね! 聞いただけでもワクワクしますよ。
 
宝川 電気や給排水の設備が整っていて、衛生面の問題も発生しにくいキッチンカーは全国的に推奨されています。先ほどお話ししたように低コストで開業できるとあって、経営に興味を持つ方も増えてきているんですよ。また、キッチンカーは同業者と横のつながりを強化しやすいのも魅力です。以前仲の良い同業の仲間と一緒にキッチンカーを8台出店するイベントを開催したときは、縁日のような雰囲気で楽しかったですし、お客様もたくさんいらっしゃいました。濱中さんのおっしゃる通り、キッチンカーは工夫次第でいろんなスタイルで営業できるので、これからキッチンカー事業を始めようとしている方にもぜひ、このおもしろさを実感していただきたいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事